サイ・ファイ・ダインイン・シアター・レストラン(Sci-fi Dine-In Theater Restaurant)ー ディズニーワールド

WDW サイ・ファイ・ダインイン ミルクシェイクディズニーワールド

1950年代のアメリカで流行ったドライブインシアターがコンセプト、まさにThe America、ハリウッドスタジオに相応しいテーマのレストランで、ディズニーワールドに行ったら一度は試してみたいレストランの一つです。

ディズニーワールド全般的にセッティング(テータに沿った内装等)がユニークな所が多いのですが、ここは特に凝った作りになっています。そのユニークなセッティングを、存分に楽しみたい場所です!

スポンサーリンク

レストランの概要

場所ハリウッドスタジオ内( Hollywood Studio)
ダイニングプラン使用可
テーブルサービス 1クレジット
予約180日前から予約可能
予約の必要性高め
食事のタイプアメリカン
値段帯メイン$20~$35(+ドリンク+デザート)
レストランの雰囲気★★★★★
料理の味★★★★☆
料理のボリューム★★★★☆
値段に対するバリュー(相対的な総合的な価値)★★★★☆
レストランへのアクセス★★★★☆
おススメ度★★★★★

予約は必須

まず予約は必須です!比較的早めの段階で人気の時間帯は埋まってしまいます。

それでもこまめに見ていれば空きが出る可能性もある(特に少人数の場合)ので、とりあえず押さえられる時間帯で取っておいて後で時間を動かすのでもいいかと。

予約なしスタンバイの場合、後方のパラソル付きのピクニックテーブルに通されることが多いようです。

でもせっかくここまで来たんだから、車の席に座って食べたい所。

もちろん、席にこだわらない方は当日フラッと行っても、よっぽど忙しい時間帯でなければ受付で追い返されることはないみたいです。

忙しいレストランだと「スタンバイだと1時間超え待ちだよ。それでも待つ?」とか、「今日はほぼ無理だよ。」とか言われることが多い。もしも30分以内で通してもらえるようなら、ラッキーだと思う。

ドライブインシアターで食事!

予約済みの人は予約のある旨を伝え、受付でチェックインします。ほどなくして名前を呼ばれ、席に案内されます。

待合室からは全く見えないダイニングエリア。ドアをくぐって実際に中に入るとうわーーー!!となること請け合い!

室内は薄暗く、B級のどうしようもないような映画が放映されている大きなスクリーンが中央にあり、車の座席を模したテーブルが前を向いて所狭しと置かれています。

この車のテーブルのライトアップの仕方がまた絶妙。

暗いから気を付けてね~と言われながら、私たちは横2人掛けx3列で一台の車に通されました。

5人家族なのでサーバーの方に「2・2・1で座る?」と聞かれたのですが、さすがに前を向いた状態で一人の食事はカナシイ感じなので、3・2で座らせてもらいました。

子供がまだ小さかったので大丈夫だったけれど、大人3人の横並びはちょっときついかも。

向かい合わせになれる4人、6人、8人席もあるようなので、リクエストするのもいいかもしれません。まあ、その席が空くまで余計に長く待たされる可能性も十分ありますが!

暗いですが自分の手元は一応ライトアップされているので、メニューはかろうじて読めるし、食事も何とかできます。

暗くて何食べてるかわからない的なコメントもあるみたいだけど、そこまでは暗くなかったような・・・。

その他にテーブルも狭めなので、食べにくいというコメントも見かけますが、まあそうなんですが、その何となく不自由な、食べにくいような感じがまた車の中(や飛行機の中)で食べているような感じになって、逆に雰囲気がいいんじゃないかと個人的には思います。

料理について

食事はこれまたThe Americanな感じです。

しばらく前はサンドイッチやバーガー系の食事のみで、せっかくダイニングプランを使うのにもったいないと見送っていたのですが、数年前に行った時はステーキなどもメニューに加わり、かなり料理の幅が広がりました。

私たちはもれなく一番高いステーキを選びました!(笑)ちなみにフリーダイニングプラン活用中です。

色々違うの選んでシェアしろよって言う感じ?

バーガーも比較的美味しいみたいです。でも、クイックサービスのレストランで食べる可能性が多いものをわざわざテーブルサービスのレストランのメニューから選ばないよね~。と言うことで迷うことなくステーキ!

く、暗い・・・

お味は美味しかった!!実はあまり期待してなかったんだけど、普通に美味しかった!

しかーし。ドリンクをオーダーする際に、「ミルクシェイクもオーダーして大丈夫だよ(ダイニングプランでカバーされるよ)。そうする?そうする?」って感じでおススメされて、うっかり頼んでしまったもんだから大変。実は食事前にこれを飲んでおなかが半分いっぱいになってました。

美味しいけど、要注意なミルクシェイクです!

それでも、無理やりメインディッシュを食べ終え、出てきたデザートがまたすごい。

でかい、甘い、重い!!

まあ、どこのレストランでも同じですが、腹ペコの状態でいくのがベストです。

席について

席に関してはやや好みが分かれることがあるようです。

全員前を向いて座る形になるので、別々に食べているかのような形になり、家族で来ているのにちょっと不思議な感じになります。

奇数の場合、誰かが一人席になるのを良しとして前を向いた車のシートの席にするか、頑張って3人で座ってしまうか、特別間のやや薄れるテーブル席に座るかは、悩ましい所。もしろん、予約の状況で選べる環境にないかもしれないけれども。

人数の少ない場合にはそれはそれで、他の少人数のグループと相席(前後の列など)になる場合もあり、そうなると席が近いので少し抵抗がある人もいるかも。

ま、それでも全体の雰囲気はとてもいいので細かいことを気にせず楽しむのが勝ち、なのかな。

インパクト強し!

ここに行ったのは割と前なのに、強烈な印象を残したようで、子供たちがしっかり覚えていました。

覚えていたのは食事の内容ではなく、レストラン自体の雰囲気やセッティング、そして流れていた映画のこと(笑)「大きなクモが出てきて、女の人がギャーーって言って」とかなんだか細かく覚えていてちょっと笑ってしまいました。

こんな風に後まで記憶に残る楽しいレストランです。

タイトルとURLをコピーしました