WDW ポートオーリンズリゾート リバーサイド

WDW ポートオーリンズ リバーサイドディズニーワールド

大きな赤い水車がアイコンのポートオーリンズ・リバーサイド。アメリカ南部のミシシッピ川周辺をイメージし、しっかり造りこまれているモデラートクラスのホテルです。

ディズニーワールドホテルの中でも大きい規模のホテルです。広大な敷地のためバス停が4か所もあるほどです。

全体的にはディズニー感は少なめですが、ロイヤルゲストルームはディズニーのキャラクターがあちこちにちりばめられ、ディズニー感の強いお部屋になっています。

また5人まで宿泊可能なお部屋もあるので、5人のグループの方はファミリースイートルームに比べ比較的リーズナブルに泊ることができます。

スポンサーリンク

ホテル概要

ホテルカテゴリー:モデラートクラス
部屋数:2048
チェックイン:3:00pm
チェックアウト:11:00am
ホテルの住所
1251 Riverside Drive
Lake Buena Vista, Florida 32830-8514
電話番号
407-934-6000
Fax
407-934-5777

【プール】

  • メインプール(ウォータースライドあり)
  • ホットタブ
  • プールサイドアクティビティー
  • クワイエットプール 5か所
  • ライフジャケット及びタオルはプールサイドに常備
  • シャワールーム・トイレ、コインロッカー、コインランドリー設備あり

【リクリエーション】

  • プレイグラウンド
  • アーケード
  • レンタルバイク
  • ランニング・ウォーキングトレイル
  • 釣り(キャッチアンドリリース)
  • アウトドアムービー
  • 馬車

【ダイニング】

  • レストラン、フードコート、プールバー、バー

【ギフトショップ】

  • ギフトショップ及びジェネラルストア(コンビニのようなもの)
  • パーク内で購入した商品をホテルでピックアップできるサービス利用可

【部屋のタイプ】

  • プリファードルーム(Alligator Bayou 14, 15, 18, 27棟)
  • スタンダードビュー
  • ガーデンビュー
  • リバービュー
  • プールビュー
  • キングベッドルーム
  • ロイヤルゲストルーム(Oak Manor棟とParterre Place棟に512部屋・スタンダード、ガーデン、プール、リバービュー)

【室内の設備】

  • 最高大人5人まで(キングベッドルームのみ2人部屋)
  • クィーンベッド2台、クィーンベッド2台+Fold down式のベッド1台、もしくはキングベッド1台
  • バスルームシンク2台、Wifiインターネット接続、コーヒーメーカー、アイロン・アイロン台、タオル、石鹸シャンプー等のアメニティー、ヘアドライヤー

【トランスポーテーション】

  • マジカルエキスプレス
  • 各パーク・ディズニースプリングスへのバス(バス停4カ所)
  • フレンチクオーター及びディズニースプリングスへのボート

【その他】

  • ベルサービス、荷物の一時預かり所あり
  • パーキング
  • フレンチクオーターのプール、アクティビティー等使用可

ホテルの施設

フロント

スチームボート(蒸気船)のチェックインカウンターをイメージした、明るく開放的なロビー。

さすがにモデラートクラスとあって、バリュークラスのリゾートホテルのフロントよりもぐっと雰囲気があります。

チェックインカウンターの数は多いのですが、宿泊者の数も多いので、オンランチェックインを済ませておくといいと思います。

フードコート ー The Riverside Mill

大きな赤い水車が目を引く建物にあるフードコート。中も凝った造りになっています。

ホテルやパーク内の大き目なフードコートに良くあるデザインですが、ステーションによりそれぞれ扱っているメニューが異なります。

バーガー、チキン、サンドイッチ、ピザ・パスタ、サラダ、ベーカリー等、料理の種類によって分かれています。

空いている時はいいけど、混んでる時にサンドイッチのラインでオーダーして、バーガーのラインに並びなおして…っていうのは面倒。ある程度まとめてオーダーできるようにするといいかも。

リバーサイド、フレンチクオーターのフードコートでしか扱っていないケイジャンなどの南部料理もあります。せっかくなので、試してみたらいいかと思います!

朝のピークの時間にはものすごく混雑します。前日にシリアルや牛乳、ベーカリー系のものを購入しておいて、部屋で簡単に済ませる日を作ってもいいかも。

レストラン - Boatwright’s Dining Hall

ホテル宿泊棟

ホテルの敷地は広大で、エリアは大きく2つに分かれています。

一つは南部の湿地帯のようなセッティングの中にロッジ風の宿泊棟が点在するAlligator Bayouエリア、そして川に沿ってきれいに整えられたプランテーション時代の豪邸をイメージしたような宿泊棟があるMagnolia Bendエリアになります。

【Alligator Bayou】

Alligator Bayou のロッジ風の建物は2階建てで、一つの棟にそれほどの部屋数はありません。

小さい棟が自然の中に点在している様な雰囲気です。思い切り雰囲気がありますが、要はあれこれ遠いです(苦笑)。

5人部屋があるのはバイユー。5人で申込むと、有無を言わせずこちらのエリアになります。

お部屋のリノベーションが終了したようですが、他のリゾートに比べ、最低限の改装にとどまっているようです。

≪ 改装の内容 ≫

  • カーペットの床からハードウッドフロア風の床へ
  • ベッドの高さが上がり、ベッド下にスーツケースなどが収納可
  • バスルームエリアとシャワーカーテンが”Princess and Frog”の絵柄のものに変更
  • 全体的に白っぽいニュートラルカラーの壁にターコイズのアクセント
  • バックリット式のバスルームの鏡

Alligator Bayouのテーマだったラスティックさが薄まり、ターコイズのアクセントも相まって少し微妙な感じの仕上がりです。

どうもどのディズニーリゾートにおいても、クリーンなライン+ハードウッドフロア風の床+ニュートラルカラーの壁を使用し、あたりさわりのないデザインに向かっているような気がします。

ニュートラルすぎてなんだか物足りない感じ?がしないでもない感じ?ホテルによってもうちょっと個性があってもいいんじゃないかと思うんだけど!

こちらの宿泊棟にはエレベーターがないので、階段の上り下りを避けたい方は”Ground Floor”のリクエストをしておいた方がいいと思います。

Magnolia Bend】

全く対照的な雰囲気のマグノリアベンド。プランテーション時代の豪邸をイメージさせ、お庭もとても素敵な宿泊棟です。

マグノリアベンド内のOak ManorとParterre Placeはロイヤルゲストルームになります。部屋のあちこちにプリンセス関連のモチーフがちりばめられていて、小さな女の子がいる方には特におすすめのお部屋

部屋の大きさは314スクエアフィートほどあり、バリュークラスに比べるとゆったりしています。

通常のタイプのお部屋はリノベーションが進行中で、Alligator Bayou同様以下のような改装が行われているようです。

≪ 改装の内容 ≫

  • カーペットの床からハードウッドフロア風の床へ
  • ベッドの高さが上がり、ベッド下にスーツケースなどが収納可
  • バスルームエリアとシャワーカーテンが”Princess and Frog”の絵柄のものに変更
  • 全体的にブルー系の濃淡に白とゴールドのアクセント
  • バックリット式のバスルームの鏡

こちらもクリーンでシャープな印象ですが、何となくこざっぱりとしてしまった印象でしょうか・・・。。

ちなみに、Magnolia Bendの宿泊棟は3階建てでエレベーターもあります。が、部屋によってはエレベーターへのアクセスが不便な場所(回り込まないと使えない)だったりします。

階段はありこちにあり、階段で降りたほうが断然早かったりします。

が、ストローラー(ベビーカー)等を持って降りるのが大変そうでしたら、「1階」のリクエストをお勧めします。

トランスポーテーション

バス

バス停は4カ所あり、部屋数が多いのと比例し宿泊者も多いので、このリゾートはトランスポーテーションに関してあまりよい評価がありません。

バスの停まり方は、「(French Quarter)」、「West Depot」、「 North Depot」、East Depot」、「 South Depot」の順になります。そう、メインの施設のある「South Depot」が最後のバス停です。

出発ピークの時間帯のマジックキングダム行きは、一台は「South Depot」のみの停車、もう一台は残りの3つのDepotを回り混雑を回避する努力をしているようです。

が、やはり「East Depot」辺りから乗り込もうとすると、当然座れない、乗れればラッキー、という形になると思います。

もしParterre Placeに泊まっていて、多少歩いても構わないようなら、いっそのことFrench Quarterまで行ってしまうのも手かも。徒歩10分くらいかな?

昼時などは隣接しているフレンチクオーターの方も回り、さらに時間がかかることがあります。この時間帯は余裕をもって移動する必要があります。

ボート

リバーサイドからフレンチクォーターを経由し、ディズニースプリングスへのボートが定期的に出ています。

残念ながら混む時間帯だとあっという間に船がいっぱいになることがある。時間に余裕をもって行動しよう・・・。

バスでももちろん行けますが、ボートを使ってゆっくり川を移動するのもとても風情があり、ぜひ試してほしいと思います。

プールについて

”Swimming Hole”(川などでエイっと飛び込んだり、泳いだりするのに十分な深さのある個所)をイメージしているメインのプールは、ホテルの敷地内の真ん中に位置し、いつも賑わいを見せています。

小さいお子様用の浅いプール、ジャグジー(ホットタブ)と、バーがあるし、すぐそばにプレイグラウンドもあります。

またメインプールの他に5つのクワイエットプールがあります。こちらはスライダーなどはないし、小さ目のサイズですが、それほど混んでいないのでゆっくりのんびりしたり、ちょっとリフレッシュするのには十分です。

各プールサイドにはコインランドリーとトイレがあります。

コインランドリーの情報は、こちらのサイトでチェックできるようになりました!素晴らしい!https://www.laundryview.com/home/2646/491609/PORT-ORLEANS-RESORT-RIVERSIDE/ALLIGATOR-BAYOU-14-18
**リゾート名の下の小さな▼(三角のプルダウンボタン)をクリックするとそれぞれのロケーションのコインランドリーが選べます。

まとめ - Pros & Cons

☆☆☆長所☆☆☆

【テーマに沿った造りこみ度が高い】

  • ミシシッピ川沿いの南部の雰囲気満載のリゾート
  • 何となく静かで、ゆったりとした時間が流れているような感じ
  • 趣のある川沿いをプラプラ散歩したくなるような雰囲気

【ボート】

  • Disney Springsまでボートでの移動が可能

【どこに行くにも便利】

  • どこのパークにも近くないが、どこのパークへ行くのもそれほど時間がかからない。中間地点のような位置づけ

【5人部屋がある】

  • 5人部屋があるため、ファミリースイートに泊るよりはリーズナブルに宿泊できる

【Port Orleans French Quaterの施設を使用可能】

  • 姉妹ホテルのポートオーリンズフレンチクオーターの施設を使用することが可能

☆☆☆短所☆☆☆

【敷地が広大】

  • 敷地が広大なため、ロビーやダイニングエリア、メインのプール、バス停までの距離がでる
  • Alligator Bayouは小さ目なバンガローが点在し、複雑なレイアウトのため迷いやすい

【複数個所のバス停】

  • バス停がリゾート内に4つあるため、リゾート内から出るだけで時間がかかる
  • バス停が複数個所あるため、最後のバス停ではバスがいっぱいになってしまって乗れないことがある
  • パークからの帰りのバス停では長蛇の列になる

☆☆☆まとめ☆☆☆

5人家族でリーズナブルに宿泊したいなら候補の一つになりうるリゾート。テーマやその造りこみ度は高く、宿泊自体は満足すること請け合い。

ただ、広大すぎる敷地ゆえの不便さ(トランスポーテーション及びメインのビルディングへのアクセス)は否定できない。

一度パークに出たら夜まで戻ってこない(トランスポーテーションが多少不便でも最低限しか乗らないから目をつむる)、バリュークラスでは物足りないがデラックスクラスに泊まるほどではない、5人家族である、などの方にはお勧めのホテルです

他のモデラートクラスのホテル

タイトルとURLをコピーしました