オハナ Ohana - ディズニーワールド

WDW オハナ レストラン内ディズニーワールド

ポリネシアン・ビレッジ・リゾート内の、南国感あふれるレストラン。リロ&スティッチとのグリーティングが楽しめるブレックファースト、美味しいポリネシアン風BBQが楽しめるランチとディナー。どちらもお勧めです!

スポンサーリンク

レストランの概要

場所ポリネシアン・ビレッジ・リゾート
ダイニングプラン使用可
テーブルサービス 1クレジット
予約180日前から予約可能
予約の必要性高め
食事のタイプブレックファースト:アメリカン
ランチ・ディナー:ポリネシアン風
値段帯ブレックファースト:大人$30~40、子供$20~25
ランチ・ディナー:大人$40~50、子供$24~30
レストランの雰囲気★★★★☆
料理の味(ブレックファースト)★★★☆☆
料理の味(ランチ・ディナー)★★★★☆
料理のボリューム★★★★☆
値段に対するバリュー(相対的な総合的な価値)★★★★☆
キャラクターとの絡み度(ブレックファーストのみ)★★★☆☆
レストランまでのアクセス★★★☆☆
おススメ度★★★★☆
  • 値段は時期、季節、平日・週末によって変動
  • チップは別料金
  • 子供:3~9歳、2歳以下は無料
  • キャラクターダイニングはブレックファーストのみ

移動は少し面倒

ディズニーワールド全般に言えることですが、レストランまでのアクセス、特にホテルにあるレストランに行くのは移動がめんどくさい!

ポリネシアン・ビレッジ・リゾートにあるこのレストラン、他のホテルにあるレストランに比べればまだましですが、移動はやや面倒です。

レストランまでのアクセス法

  • モノレール
  • フェリー・ボート
  • バス 
  • 車・タクシー

複雑なルートではないけれども時間がかかりがちなので、早め早めの移動がおススメです。

モノレール

【マジックキングダムから】

マジックキングダムからResort行きのモノレールに乗り、Polynesian Village Resortで下車。レストランはモノレール到着階にあるので、そのままホテル内に入り移動。

Epcotから】

EpcotーTTC間のモノレールに乗車し、TTCで下車。歩きたくなければTTCでResort行きのモノレールに乗り換え、Polynesian Village Resortで降りる。そのままホテル内に入りレストランへ。また、TTCから歩いたとしてもオハナまで5分くらいの距離。

【コンテンポラリー、グランドフロリディアンホテルから】

Resort行きのモノレールを使用し、Polynesian Village Resortで下車。

フェリー・ボート

【マジックキングダム】

TTC行きのフェリーに乗り、TTCよりリゾート内を徒歩で移動。

【マジックキングダム、グランドフロリディアン】

Gold Flag Launchから小型のボートに乗って移動も可。 車いすやECVsを使用している場合このボートには乗車できないので、大型のフェリーの方を利用しよう。

バス

【アニマルキングダム、ハリウッドスタジオ、ディズニースプリングス、ウォーターパーク】

Polynesian Village Resort行きのバスに乗車。

車でアクセスする場合、ホテルのパーキングに駐車。パーキング入り口で係の人にオハナで予約がある旨を伝えると、3時間まで無料で駐車できます。

ホテル間の移動

ホテル間の直接移動は基本出来ません。ので、一度パークに行ってからPolynesian Village Resort行きのバス、モノレール、フェリー等に乗る必要があります。

注意すべきは朝一番のキャラクターダイニングを予約した場合。朝早いとバスの本数が少ないからパークでの乗り換え自体があまり上手くいかない可能性が・・・。

マジックキングダム行きのバスに乗った場合、「オハナでダイニングの予約があるんだけど・・・」とドライバーに聞いてみるのも手。

運が良ければドライバーが遠回りしてPolynesian Village Resortに寄り道してくれることもあります。

でも「マジックキングダムでモノレールなどに乗り換えてね」と言われるのが当然だと思って、時間には余裕をもって早めに出発するといいと思います。

ブレックファースト キャラクターダイニング

チェックインを済ませ、渡されたペイジャーが鳴ると席に案内されます。最近は携帯電話へのテキストになったのかな?

ブレックファーストの内容

ポリネシアンのアクセントがちょっと入った定番のブレックファースト。

ある程度決まった料理がお替りし放題、お替わりは席までサーバーが運んできてくれるファミリースタイルビュッフェです。

  • パイナップルココナッツブレッド
  • スクランブルエッグ
  • ソーセージとハム
  • フライドポテト
  • フルーツ
  • ミニワッフルとビスケット
写真は少し前のものなので、現在のメニューとは微妙に異なります。が、こんな雰囲気デス。

自分で取りに行かないで済むので、キャラクターグリーティングを逃す、もしくはお変わりを取りに行くタイミングを計る必要はありません。

が、品数が限られているので味気ない、つまらない・・・とも言えます。

サラダ等も付いていないので、野菜不足の解消にビュッフェをと考えている人には向かない。

そして全体的に重かった気が・・・。

リロとスティッチのグリーティングを抜いて純粋に食事だけを考えると、個人的にはイマイチかなあ。ゴメンナサイ!

リロ&スティッチ、アロハミッキー+プルートとのキャラグリ

グリーティングしてくれるキャラクターはリロ、スティッチ、アロハミッキー、プルート。

以前は席に案内される前にフォトパスのカメラマンが写真を撮ってくれました。バンブーの衝立の前でぱちりと家族写真を。

どうも、現在はプルートがここで一緒に写真に入ってくれるようです。つまり、プルートは席には回って来てくれない様子。

アケシュースレストランのベルと同じ感じだね。

多分、受付した時に言われると思うけれど、ここで写真を撮ってもらい忘れないようにね~。

アロハシャツのミッキーはかわいいし、メインのリロとスティッチも可愛い!

スティッチはたまにハリウッドスタジオとかでうろうろしているのを見かけたことがあるけれど、リロにグリーティングできるのはここだけじゃないのかな?ある意味貴重ですね!

ある一定の時間になるとグリーティングが一旦中止になり、パレードが始まります。キャストメンバーがマラカスを貸してくれるので、それを手にキャラクターと子供たちがテーブルの周りをパレードします。お子さんがいる方はぜひ参加してみてください!

ちなみに席数がかなりあるのと、広いのとで、キャラクターは一度しか来ないと思います。

ガーデングリルに比べると、通常レベルの絡みのグリーティング(笑)です。プルートは結構遊んでくれたんだけどね!今は来ないみたいだから。

あまり見かけないリロ&スティッチ。しっかりグリーティングして写真も撮ろう!!

ランチ・ディナー

料理について

食事はポリネシアン風です。ランチ・ディナーともファミリースタイルビュッフェ=食べ放題です。

ファミリースタイルビュッフェとは、自分で取りに行くタイプのビュッフェとは違い、テーブルに決まったメニューの料理を家族分運んできてくれます。その中で、食べたいものだけを追加で持ってきてもらえる形です。

朝食のメニューはイマイチな感じですが、ランチ・ディナーは美味しい!個人的にトップ5に入るかな。

  • パイナップル・ココナッツ・ブレッド
  • サラダ
  • アペタイザー(揚げ餃子、チキンウィング、焼きそば?、野菜炒め)
  • スパイシー・グリルド・シュリンプ
  • スィート&サワー・チキン
  • サーロインステーキ
  • ブレッドプティング アイスクリーム添え

最初の温かいパイナップルココナッツブレッドがこれまた美味しい

サラダは南国風のドレッシング。可もなく不可もなく?っていう感じかな。

続いて出てくるアペタイザー(揚げ餃子とチキンウィング、野菜炒め、焼きそば)を食べ過ぎないように。ここですでに食事の量なんだけどね・・・。

そうこうしていると、サーバーの方が大きな串にささったメインディッシュを持ってきてくれ、自分の更に取り分けてくれます。

エビはぷりぷりしてて美味しいけど、殻がついているのでやや食べるのが面倒。そしてスパイシーなので、残念ながら小さなお子さんには向かないかも。

チキンは可もなく不可もなく。エビが辛くて食べられない、ステーキはあまり好きじゃないと言う人への安全パイ的な存在なのかな。

後方のグリルでお肉やシュリンプを調理

一番のお気に入りはやっぱりステーキ。味付けも美味しい!!

お替りしたかったら欲しいものを追加で頼めるよー。好きなものをどんどんいこう!! 

もうお腹いっぱいで動けない。って頃に、デザートが運ばれてきます。そしてやっぱり別腹、ちゃんとデザートがお腹に入る不思議・・・。でも、あとで後悔するんだけど・・・。

食事は全体的においしいので、お腹を空かせて行きましょう!そして、食事の直後に来るようなタイミングで、激しい乗り物のファーストパスを予約するのはNGですよー。

タイトルとURLをコピーしました