フープ・ディー・ドゥー Hoop-Dee-Doo Muscial Revue - ディズニーワールド

WDW フープ・ディー・ドゥーディズニーワールド

もはやディズニーワールドに行ったら必ず行くのが定番になりつつある、フープ・ディー・ドゥー。

ザ・アメリカンな料理を食べながら、お客さん巻込み型のショーを楽しむ、アメリカでも指折りのロングランのディナーショーです。

スポンサーリンク

レストランの概要

場所パイオニアホール フォートウィルダネス キャンプグラウンド
ダイニングプラン使用可
テーブルサービス 2クレジット
予約180日前から予約可能
予約の必要性予約は必須、でも割と直前でも取れる
食事のタイプアメリカン
値段帯大人:$64~、子供:$38~(税、チップ込み)
レストランの雰囲気★★★★☆
料理の味★★★★☆
料理のボリューム★★★★☆
値段に対するバリュー(相対的な総合的な価値)★★★★☆
レストランまでのアクセス★★☆☆☆
おススメ度★★★★☆

こちらはディナーショータイプのレストラン。実際お金を払うとちょっとびっくりするお値段になってしまいます。なので、基本フリーダイニングプランのダイニングポイントを使用していくことが多いです。

ただ、2クレジット消費してしまうので、その価値があるかどうかはそれぞれかもしれません。まあ、チップ込みなので悪くはないかな?

移動は面倒

ディズニーワールド全般に言えることですが、レストランまでのアクセス、特にホテルにあるレストランに行くのは移動がめんどくさい!

フープ・ディー・ドゥーの会場であるパイオニアホールに行くのは少し、というか割と面倒。

フープ・ディー・ドゥーまでのアクセス法

  • ボート
  • バス 
  • 徒歩
  • 車・タクシー

とにかくアクセスがあまりよろしくないので、早め早めの移動が必須です。

ボート

マジックキングダムからだとGreen Flag Launchよりボートで行け、ボート乗り場からパイオニアホールまでもそれほど遠くありません。ただ、このラインは混みがちで、更にボート自体がそれほど頻繁に運航しているわけではないので注意が必要。

コンテンポラリーホテル、ウィルダネスロッジからもボートで行けます。

どちらも行先はFort Wilderness(フォートウィルダネス)です。

もし車でアクセスする場合、キャンプサイトの駐車場に停め、Outpost Depotからキャンプサイト内を巡回しているバスに乗り込みます。

Settlement Depotで降り、そこから少し歩けば会場に着きます。

バス

一度ウィルダネスロッジからバスでアクセスしたことがあります。ボートに乗りたかったんだけど、ホテルのキャストに聞いたらこちらの方法をお勧めされたんです。確か直接Settlement Depotに到着したような気が・・・

他のパークからバスでアクセスする場合、車と同じ要領でOutpost Depotで一度下ろされます。そしてキャンプサイト内を循環しているバスに乗り換えする形を取ります。

徒歩

フォートウィルダネスロッジから20分くらいのお散歩コースがあり、こちらを利用して歩くこともできます。暗いので夜はお勧めしませんが!

チェックイン

現地に着くと、チェックインカウンターが外に設置されます。

チケットは事前にホテルのコンシェルジュでピックアップしておこう。もしピックアップし忘れた場合はWill Callのブースでピックアップしてね。ブースはパイオニアホールの建物のはじっこ、トイレの向こうにあるよ。

このチェックインカウンターが微妙に効率が悪く(苦笑)結構並ぶことになります。しかも暗くなると手元が良く見えず、余計時間がかかるっていう。。。

また雨が降った場合、雨をしのげる場所が限られているので念のためレインコート等を持っているといいかもしれません。

8月、9月だとこんな日もあります・・・。

席のこと

チェックインが無事に済み、時間になると一組ずつ中に案内されます。完全予約制で、席も決まっています。

席は3つのグレードがあり、グレード1は1階席の舞台に近くもしくは中央に近い席、グレード2は壁沿い及び後方の席、グレード3はバルコニー席になっています。

WDWのオフィシャルサイトで予約時に選べるシートカテゴリーはこちら

カテゴリー場所お値段
メインフロア中央大人:$72.00
子供:$43.00
メインフロア壁際及び後方
またはバルコニー席ステージ正面
大人:$67.00
子供:$39.00
バルコニー席サイド側大人:$64.00
子供:$38.00
  • 2019年10月現在の価格 
  • 税金、チップ込みの価格
  • 大人:10歳以上、子供:3-9歳、0-2歳児:無料
  • 料金:予約時に先払い
  • ダイニングプランを使用する場合:2テーブルサービスクレジット
  • ダイニングプランで予約可能な席:カテゴリー2か3(最終回はカテゴリー1も可能な時がある)

ダイニングプランで予約できるグレードは基本グレード2と3。最終回のみグレード1も予約可能です。

あまり忙しくない時期はグレード3の席が予約できなかったりもしますし、キャンセルが出るとグレード3で予約しても1階席に下ろされることもあります。

一番初めの時は、グレード1の席で、しかも舞台の真横の席でした。あまりに近すぎてよく見えなかった(苦笑)。

クリスマス時期にはクリスマスの飾り付けがされてて、さらに素敵。

後はだいたいグレード2で予約しています。一度だけ1階席の真ん中辺の壁沿いになったことがあるけれど、後はほとんど1階後方席。

グレード2の1階後方席。これが私たちのお気に入り!

なんでかと言うと、テーブルとイスが高いんです。回転式で背もたれ付きのスツールタイプの椅子で、向きを変えるのも楽だし、背の低い子供たちも前の頭が邪魔で見えない、なんてことがない。

一番前の席よりよっぽど全体が見渡せるし、落ち着いて食べられるし、◎。

The Americanな料理!

料理は完全なるアメリカン料理。

赤いギンガムチェックのナプキンにメタル系のプレート。
フロンティア時代のアメリカっぽくてかわいい!!

おいしいほかほかのコーンブレッドに始まり、新鮮なサラダ、そしてガチャーンと大きな音を立ててプレートに置かれるメインディッシュたち。ケンタッキーフライドチキン並みに美味しいフライドチキンやポークリブ、マッシュドポテトにビーンズ等の付け合わせ等がドカーン、ドカーンとテーブルの上に並びます。

お代わりが欲しければどんどん頼んでOKな、いわゆるファミリースタイルブッフェになります。お酒もドリンクも飲み放題。

フープディードゥー名物、ストロベリーショートケーキがまた美味しい。お腹いっぱいでもコーヒーと共に不思議とおなかの中へ消えていきます!

そんなに大きく見えないかもしれないけど、これで5人分。
イチゴのシロップが美味しいのだ。

ドタバタコメディーショー

アメリカでも指折りのロングランディナーショーです。

Claire de Lune、 Johnny Ringo、 Dolly Drew、 Six Bits Slocum、 Flora Long、Jim Handyという個性豊かな6人のパイオニア・ホール・プレイヤーズ(Pioneer Hall Players)。それぞれカップルになっており、ボケたり突っ込んだりしながら、素晴らしい歌や華麗なダンスを披露してくれます。

これはグレード2の1階壁際席に座っていた時のもの。斜めから見ることになるけど、やっぱり近いね。

何度も見ているのにゲラゲラ笑っている子供たちを見ると、今回も連れて来れてよかったなあ。といつも思うのです。

またこのショーはお客さんを巻き込んでいくのも一つの魅力。俳優の人たちが舞台からホールへ降り、あちこちのテーブルを回りながらお客と一緒に楽しんでいく、そんな楽しいショーです。

一度だけ息子くんが俳優の方に声をかけてもらいました。なんだったかな、「どこから来たの?」的なことかな。

おっとビックリ!!しぶーい声で声かけられちゃった。声をかけられた息子くんはしばし固まる(笑)

この時は1階真ん中辺の壁際席。やっぱりこの辺りだと声をかけてもらえることが多いのかも!

見た目は完全アジア人だから、日本とか中国とかいう、「ほらほら、こんな遠くから来てくれたよー!!」的な答えを期待したのかな。ごめん、お隣りのカナダだわって感じでした(笑)

ショーの合間に食事を取る感じなので、ショーを見ている時はショーに集中できるようになっています。その間はサーバーもあまりうろうろしていません。でもちゃんとショーの邪魔にならない程度には、見回りに来てくれます。

サーバーはもちろん担当制。いくつかのテーブルを掛け持ちしているので、飲み物とかは自分のテーブルに寄ってくれた時に早めに頼んでおいた方が無難。

チップ制ではないので、まあどのサーバーさんもそれほどあくせくしていないし、過剰でもない、まあまあのサービスをしてくれます。

トイレについて

トイレは建物の外になります。それほどたくさんの個室があるわけではないので、できたらショーの合間を見て、終わる前にトイレに行けると一番いい感じです。

終わった後だとかなり待つことになります。

最終回の場合など、ここでもたもたしていてうっかりバスに乗り遅れたら大変!なので、女性の方はショーの途中に一度抜けてトイレに行っておいた方がいいかと思います。

ショーが終わったら

帰りのバスがこれまた一苦労。特に最終回の場合

最終回の講演の後は各ホテルへ向けて直通バスが出ます。厳密に言うと、各ホテルというか、同じ方面のホテルを回る、と言うか。

ディナーショー予約時にどのホテルのお客が多いかすでに調査済みなので、大体みんな乗れる状態でバスがスタンバイしています。

ただ、何か所かのホテルを回るので、かなり時間がかかります

この辺も含め、ディナーショーが終わったらさっと席を立ち、バスの方に進み、素早くバスに乗り込み、座れると楽かなあと思うのです。

まあ、これは最終回のショーの場合なので、他の回の時はもちろんまたマジックキングダム等に戻ることも可能です。

ただ、移動とショー自体の時間を考えると4時間程度取られるので一応スケジュールを立てる時にその辺を念頭に置いて考えるといいと思います。

私たちは半分くらいの確立でパークインをしない日を選んでいます。移動に時間がかかるのだけがネックな、でも大好きなフープ・ディー・ドゥーでした!

タイトルとURLをコピーしました