ディズニーワールド ファストパス+

ディズニーワールド ファストパス+の活用 Disney world FP+ディズニーワールド

東京ディズニーランドでもお馴染みのファストパス。効率的にアトラクションに乗るために、東京でも多くの方が利用していると思います。

もちろん、ディズニーワールドでも多くの人が利用している人気のシステムです。

東京のもの異なる点は、ディズニーワールドではオンラインで事前に予約しておき、時間になったらマジックバンドをスキャンして使用するという点です。

2013年頃にマジックバンドが導入されたのと同時に一新された、ディズニーワールド独自のシステムです。

なにせパークがとても広いですからね。

パークインしてからあちこちファストパスを取りにいかなくてもよいので、体力を消耗せずに済むし、あらかじめ予約をしておくことでその日の予定を立てやすくなり便利です。

今の所まだ無料ですし、発券数に限りあるファストパス+を上手に活用して、パークで120%楽しめるようにしたいものですね!

スポンサーリンク

ファストパス+(FP+)のルール

事前予約は1日に付き、1つのパークで3つまで

事前に予約できるFP+は1日に付き、

  • 1つのパーク
  • 3つのアトラクション

そうです、2つのパークにパークホップする予定でも、どちらかの片方のパークで3つ予約を取らないといけません

これは地味に面倒です。

午前中は待ち時間がやや少なめなので、後から行くパークでFP+を取る。

とか、

とにかく早めの内に事前予約のFP+を使う。2つ目のパークでは主にショーやエンターテイメント、4つ目のFP+が取れたらそれを使いながら遊ぶんだ。

など、工夫するといいかと思います。

使い終わったら追加で予約できる

初めの3つのFP+を使い終わったら、4つ目のパスが予約できるようになります。

まあ、この頃にはあまりいいのが残っていませんけどね・・・。

事前予約する必要がある

いかに事前予約でFP+を押さえるかがキーポイントになってきます。

これは、一日のFP+の発券に上限があるからです。当然人気のあるアトラクションのFP+は、予約解禁になったその日のうちに全て予約が埋まってしまうことも多々あります。

行ってから取ればいいや。と言うのではなく、事前に予約しておかないと、FP+を有効に利用することができません。

レストランにせよ、FP+にせよ、事前に計画を立てるのが大切です。

予約の時間を指定できる

これは、東京ディズニーランドのファストパスシステムと大きく異なる点でしょうか。

自分で好きな時間(予約時に時間を選べるタイミングで予約していれば、ですが)を選ぶことができます。

キャンセルや変更も簡単にできます。

アトラクションやショーの組み合わせに制限のあるパークがある

アトラクションがたくさんあるマジックキングダムには制限がありません

が、パークによっては混み具合を分散させるためなのか、FP+対象のアトラクションやショーなどがグループ分けされています

人気のあるアトラクションや人気のあるエリアにあるアトラクションをグループAとし、そこから1つ。それ以外が集められたグループBから2つ、などとなっています。

このようなパークだと、3つのファストパスを消化して、4つ目を取るのはやや難しくなります。グループBにはFP+を取ってまでやりたいアトラクションやショーがない場合があるからです。

ファストパス+のメリット・デメリット

当然ですが、メリットとデメリットがあり、実際上手く使いこなせないなあ、と感じる時も多々あります。

長所

  • オンラインで事前予約ができる
  • 時間指定もできる
  • アプリなどで一括管理できる
  • 当日ファストパスを取るためにあちこち走り回らなくて済む(体力温存!大事です!!)
  • 一般のチケット購入者は30日前から、オフィシャルリゾート滞在者は60日前から予約可
  • 予約が取れれば一日の計画が立てやすい
  • キャンセルや予約の変更も簡単にできる
  • ショーなどはFP+で優先席に入れる

短所

  • そもそも希望アトラクションの予約が取れない場合もある
  • FP+の時間に縛られて、行動が制限される場合がある
  • FP+とレストランの予約等があると、割と時間に追われます。そうすると、バケーションに来ている気持ちが薄れる
  • 30日前(オフィシャルリゾートホテル滞在者は60日前から)からの予約開始だが、人気のアトラクションはあっという間に売り切れてしまう
  • グループA(人気のあるアトラクション・エリア限定)から一つ、グループB(それ以外)から二つ、など予約に制限のあるパークがある
  • 効率的に回るために、事前に色々プランを立てないといけない
  • FP+が取れないと、人気アトラクションでは長蛇の列に並ぶのを覚悟しないといけない
  • FP+保持者が一斉に集まると(1時間のウィンドウがあるので、時々それらの人が一気に集まる)スタンバイ列が進まなくなる

予約の仕方

  • オンライン
  • 携帯電話のアプリ
  • 現地のキオスク

などで予約ができます。これについてはまた後で詳しく説明出来たらと思います。

FP+を最大限に活用するためのTips

オフィシャルリゾートに泊る

ディズニーワールドのチケットを事前に購入していると、30日前からFP+予約できます。

オフィシャルリゾートホテルに泊まらなくても、少なくともFP+の予約が取れるので、チケットはパークインする30日以上前に購入した方がいいと思います。

そして、ディズニーのオフィシャルリゾート宿泊し、パッケージでチケットを買った人は60日前から取得できるのです!

さらに、それはホテルに宿泊する初日の60日前、と言うことです。

例えば1週間のパッケージを購入した場合、5日目のFP+も宿泊予定の初日が来た段階で取れるんです。

宿泊日数が長ければ長いほど、後半の日程のFP+を早くから取れるので、人気のアトラクションも予約が取りやすくなっています。

逆を返せば、60日前になりFP+を予約しようとしても、人気のあるアトラクションのFP+はすでに埋まっているということにもなります。

このような場合は、割り切って、日程の後半で人気のアトラクションのFP+が取れるかどうか探してみるのが賢明です。

FP+の予約開始は日本時間でいつ?

フロリダの現地時間で、60日前または30日前の朝7時からからFP+を取得できます。

デイライトセービング(サマータイム)中は、日本とフロリダの時差が13時間、通常の時期で14時間です。

日本の時間は先に進んでいるので、日本時間のその日の夕方5時から6時位になるとFP+を取得できるようになります。

人気のアトラクションからFP+を取り始めよう

当然ですが、人気のアトラクションから取得するようにします。

人気のアトラクションはFP+の予約もあっという間に埋まってしまいます。このようなアトラクションは希望の時間で取れなくても当たり前だと思って、もし取れたら取れる時間でとにかく押さえます。

まずこのような競争率の高いアトラクションを押さえたのち、他のFP+を取っていく、と言うのがおススメの方法です。

第一希望のアトラクションのFP+が取れなかった場合

ただ、超人気アトラクションはFP+が取れないことも多いのも事実です。もし取れたらラッキーくらいに考えておいた方がいいくらいです。

FP+の予約が解禁になった時に、希望するアトラクションのFP+が万が一取れなかったら、バックアップとして考えていたアトラクションの都合の良い時間を先に押さえるのも手です。

キャンセルは結構出るので、こまめに探し、予約を変更していけば最終的に中々いい感じの時間で取れたりもします。

最悪取れなかったとしても、パークオープン前にちゃんと到着していて、インしてから真っ先に対象のアトラクションに並べば、並んだとしても30分位で済みます。

なので、どうしても第一希望のアトラクションのFP+が取れない場合は、他の第二、第三希望のアトラクションのFP+をしっかりと押さえ、第一希望のものはスタンバイで並べるようにしておいた方がよいと思うのです。

予約が解禁になる前にしっかりと計画を立てよう

60日(もしくは30日)前に解禁になるFP+の予約。この解禁日に迷わず予約を入れて行けるよう、あらかじめターゲットのパーク、アトラクション、時間帯を決め計画を立てておく必要があります。

さらに、「一つのパークで3つ取らないといけない」と言うルールがあるので、ある程度この日にこのパークに行き、どのパークでFP+を取るなどを決めておかないとなりません。

と言うのも、パークをまたがってFP+の予約を変更しようとすると、あらかじめ予約ができていたFP+が全部消されてしまいます。

なので、FP+を使うパークはきちんと決めておいて、その中で何度も空きがないかチェックする、と言う方がいいと思います。

レストランの予約、FP+の予約、ショーやパレードなどとの兼ね合い、など、効率よくやろうとするとまるで戦略を練っている感じになります・・・。

計画を立てている時に「一体いつまで何をやってるんだ」って、だんな様によく怒られてました。でも事前の計画なしで一度行ってみたら(ユニバーサルスタジオ含む)、やっぱり非効率的なんです。なので、事前に計画を立てるのは結構大事だと思うんです。。。

各パークが大きく、移動に時間がかかるし、暑かったり雨が降ったりなど天候上の問題もあり、思った以上に体力を消耗します。

効率的に回りたいのであれば、下準備はとても大切です

FP+対象のアトラクションの一覧

タイトルとURLをコピーしました