ディズニーカリビアンビーチリゾート

WDW カリビアンビーチ リゾートディズニーワールド

ディズニーワールドのオフィシャルホテルの中でも一際大きく、モデラートクラスのホテルとしては一番初めに建てられたホテルです。

宿泊棟は5つのビレッジに分かれ、それぞれのテーマのもとカラフルな建物が建ち並び、まぶしい白いビーチが印象的なリゾート雰囲気たっぷりのホテルです。

広大な敷地、ディズニーワールド初期に建設されたがための非効率的なレイアウト等が原因で、オフィシャルホテルの中ではあまり人気の高いホテルではありませんでした。

が、新しいトランスポーテーションであるディズニーズスカイライナーのオープンと、新しいリゾート「リビエラリゾート」の建設に伴い、カリアンビーチリゾート自体も大幅に改修され、これからは人気のあるホテルの一つになっていくと思います!

スポンサーリンク

ホテル概要

ホテルカテゴリー:モデラートクラス
部屋数:1536
チェックイン:3:00pm
チェックアウト:11:00am
ホテルの住所
900 Cayman Way
Lake Buena Vista, Florida 32830-8411
電話番号
407-934-3400
Fax

【プール】

  • メインプール
  • ウォータースライド付き、小さい子供用のスプラッシュエリア、ホットタブ
  • プールサイドアクティビティー、キャンプファイヤー、アウトドアムービー
  • ライフジャケット及びタオル等、プールサイドに常備
  • ライフガードなしのQuiet poolx5(各ビレッジに1つずつ)
  • シャワールーム・トイレ、コインランドリー設備は各プールエリアにあり

【リクリエーション】

  • プレイグラウンド
  • アーケード
  • ランニング・ウォーキングトレイル
  • 自転車レンタル
  • アウトドアムービー
  • キャンプファイヤー
  • ビーチ(遊泳禁止!!)
  • ビーチバレーコート
  • 釣り

【ダイニング】

  • カジュアルレストラン、フードコート、プールバー

【ギフトショップ】

  • ギフトショップ及びジェネラルストア(コンビニのようなもの)
  • パーク内で購入した商品をホテルでピックアップできるサービス利用可

【部屋のタイプ】

  • スタンダードビュー
  • ウォーター・プールビュー
  • キングベッドルーム
  • プリファードルーム
  • パイレーツルーム

【室内の設備】

最高大人5人まで(パイレーツルーム:4人まで、キングベッドルーム:2人まで)

クィーンベッド2台、部屋によっては5人目用のバンクベッド付き(たたむとベンチ型ソファー)、バスルームシンク2台、Wifiインターネット接続、コーヒーメーカー、アイロン・アイロン台、タオル、石鹸シャンプー等のアメニティー、ヘアドライヤー

パイレーツルーム(384部屋)

ダブルベッド2台、ほかのアメニティーは通常タイプの部屋と同様

【トランスポーテーション】

マジカルエキスプレス、各パーク・ディズニースプリングスへのバス、スカイライナー

【その他】

ベルサービス、荷物の一時預かり所あり

ホテルの施設

フロント

今回の改修で最も変わったと言ってもいい場所。

今まではCustom Houseと呼ばれる、敷地に入ってすぐ、そしてどこからでも非常に遠い場所にあったフロントが、Old Port Royaleと呼ばれる中央のエリアに移されました。

モダンで明るく、それでいてカリビアンな雰囲気のあるフロントエリアに到着したら、リゾート気分が一気に上がりそうです!

レストラン・フードコート 

Sebastian’s Bistro】

こちらはテーブルサービスのレストランです。シーフードやカリビアン風の料理がメインです。

割とCilantro(コリアンダー・パクチー)が入った料理が多いみたい。くせのある香草だから、苦手な人は念のためメニューで確認した方がいいかも!

場所は湖に面しており、内装はモダンで明るい感じのシーサイドレストランっていう雰囲気。

カリビアンビーチリゾートの今回の改修は、全体的に成功してる感じがする!

ダイニングプランも使用できます。

Centertown Market

定番のアメリカン系の食べ物から、少しカリビアン風のものまで幅広く扱っています。

モバイルオーダーもできるので、ホテルの規模(と宿泊者数)を考えるとあらかじめオーダーをしておくとあまり待たずに食事ができると思います。

Spyglass Hill】

Trinidadビレッジのプールサイドにある、小さ目のフードコート。ある程度メニューもあります。

このエリアに宿泊している場合、他のメインのアクティビティー施設やレストランなどに遠いので、ちょっと食べたい、と言う時に便利だと思います。

ただ、他のビレッジに宿泊している場合はわざわざ行くと言うほどのものではなさそうです。

こちらもモバイルオーダーができます。

Banana Cabana Bar】

Sebastian Bistroとプールの間にある、オープンエアーのバー。これまたカリビアンの雰囲気満載で、素晴らしい!!

お酒類だけでなく、ノンアルコール系のドリンクや食事もオーダーできるようです。

【CocaCola Freestyle】

各ビレッジに1~2ヵ所ほど、アイスマシーンや自動販売機の代わりにCocaCola Freestyleのマシーンが置いてあります。ここでリフィルマグが使えるので、リフィルマグを買った方は今までよりもずっと活用できますね!

宿泊棟について

45エーカーにもなる人口湖の周りを取り囲むように5つのビレッジが建てられています。ビレッジはそれぞれカリブ海の国々にちなんだ名前が付けられています。

そしてこのカリビアンビーチリゾートは、スカイライナーの、カリビアンビーチ ー ハリウッドスタジオライン、カリビアンビーチ ー ポップ・アートオブアニメーションライン、カリビアンビーチ ー エプコットラインのハブステーションになります。

敷地が広いがためにバスでパークに行くのが時間がかかっていたのですが、これで少し改善されると魅力的なホテルの一つになるのではないでしょうか。

Martinique、Barbados

チェックインカウンター、フードコートやギフトショップの集まるOld Port Royale及びメインのプールに近く、便利です。バス停もこの2つのビレッジに3ヶ所あるので、バスを降りてからそれほど歩かなくてすみそうです。

スカイライナーの駅からは遠く、バスで直接パークへ移動した方が早いかも。

Martiniqueの建物は水色の壁に赤い屋根でコーディネートされています。

Barbadosは全体的にサーモンピンク・レンガ色でコーディネートされています。

Aruba、Jamaica

こちらのふたつのビレッジはメインプールやOld Port Royaleの対岸に当たり、島を経由して湖を渡りアクセスすることができます。

ただ、この二つのビレッジの宿泊棟の真上をスカイライナーが通過しているので、気になる人は気になるかも。

フードコートやアクティビティー施設を優先する場合

お部屋のリクエスト時に「ArubaもしくはJamaicaのフードコート近く(Aruba51・52・53棟、Jamaica44・45・46棟)」としておいて、そのリクエストが通ればかなり便利な位置です。

島を経由して、きちんと整備された雰囲気のあるパスを散歩するのは悪くないよ!!

この場合、バスやスカイライナー駅からはやや遠くなります。

トランスポーテーションを優先する場合

トランスポーテーショを優先すると、Port Royaleからはやや遠くなります。

Arubaだったら54・55・56棟がバス停やスカイライナー駅(エプコット行)に近め。

Jamaicaだったら44・45・46棟がバス停に近く、スカイライナー駅(ハリウッド行)に近いのは41・42・43棟になるかな。

Jamaicaは全体的に便利だね!

Jamaicaは鮮やかな黄色に水色の屋根でコーディネート

Arubaはピンクの濃淡、グリーンの屋根でコーディネート

Trinidad

パイレーツルームのあるTrinidad。男の子のお子さんがいる家庭ではきっと喜ぶと思いますが、場所的にはすべてのアメニティーから離れており、不便だというレビューが多く出ています。

スカイライナーのハブステーションが対岸に位置する形になるみたい。そうしたら少し改善されるかな?

小さいながらクワイエットプールサイドに、フードコートもできたしね。

Barbados同様、サーモンピンクの壁にレンガ色の屋根で統一。

ホテルの室内について

2015年に1年以上かけて行われていた改装工事が終わり、すべてのゲストルームがアップデートされました。

Finding Nimoのテーマに沿って作られていたポップで明るい雰囲気の室内は、モダンなポリネシアン・リゾート風に代わり、ベッドもすべてクイーンサイズになりました(キングベッドルームを除く)。

各ビレッジには5人まで宿泊できる部屋があります。5人目のベッドはバンクベッドサイズ(30″x64”)なので、中学生程度のお子様なら問題ありませんが、大人の男性だと厳しいと思います。

でも、子供はこういうベッド、とても喜ぶよね。

ベッドはしまうとベンチになります。ベンチの下には少し小さめな引き出し3つ付いていて洋服等がしまえます。

その他にサイドチェストが二つありますが、そのうちの一つは冷蔵庫になっているので(引き出しに見えるが実際は扉)、5人部屋では収納スペースが最小限です。

他のモデラートホテルはカーテンでの仕切りが多いのですが、このホテルはシンク、バス、トイレエリアはスライド式の扉で別れています。光が漏れにくいので、好印象とのレビューが多いです。

他のモデラートクラスのホテル同様、バスルームエリアにしっかりとスペースが確保されています。スーツケースなどもこちらにまとめて置いておくことができますし、ハンガーも備え付けられています。

プールについて

2008年に大幅改装されたメインプール。2台のウォータースライドとウォーターキャノンが楽しい、人気の高いプールです。

大きさ的には巨大なプールではありませんが、プールの形が複雑で、ウォータースライドやそのほかの建造物が上手に作られていて、結構質が高いように感じます。

個人的に雰囲気があって好きなプールです。特に夜のライトアップがとても素敵!カップルでも楽しめそう!!

ウォータスライドは2台で、スライドの着水地点が見えるところにライフガードが常にいますので安心でし、海のように徐々に深くなっていく、「ゼロエントリー」の箇所もあります。

ジャグジーはプールのストラクチャーの裏にあって、ちょっと見えにくい場所にある。

小さい子供用の浅いプールもあります。一応「48インチ(122cm)以下の子供」と制限があるようです。小さい子が安心して遊べるように、大きなお子さんはメインのプールで遊びましょうね!

各ビレッジにはクワイエットプールがあります。ライフガードはいませんので自己責任で楽しむのが前提です。このエリアは基本的に24時間空いているようです。

ただ、特に夜11時以降は騒いだりしないほうが良いと思います。トイレ、シャワー、ランドリーも備わっているようです。

タイトルとURLをコピーしました