乗り物酔いする人でも頑張れるアトラクション@ユニバーサル・オーランド・リゾート

知り合いの結婚式へ出席するために、2018年5月にフロリダに行き、日程的にきつめでしたが、ユニバーサルスタジオとディズニーワールドの両パークで遊んできました。

「ユニバーサル・スタジオ・フロリダ(USF)」と「アイランズ・オブ・アドベンチャー(IOA)」と言う2つのテーマパークと、「ボルケーノ・ベイ」と言うウォーターパーク、オフィシャルホテル、食事や買い物が楽しめるシティー・ウォークからなる一大リゾート、ユニバーサル・オーランド・リゾート

子供が小さかったのでついディズニーワールドを優先しがちだったんだけど、今回とうとうチャレンジしてみました。

率直な感想・・・。

全てにおいて値段が微妙に高いのと3Dライドが多くて酔うので、個人的にはもういいかなあ・・・。子供たちは大型のジェットコースターに乗りたいみたいで、また行きたいと言ってましたが。

乗り物酔いしやいため度々ノックダウンされたユニバーサルスタジオのアトラクションの中で、何とか頑張れるものをピックアップしてみました。

スポンサーリンク

個人的な酔い具合

  • 車酔いは軽くする
    • 山道だと危ない
    • 外の景色が見えたり、涼しい環境だと大丈夫
    • だんな様のSUVの一番後ろに乗ると酔うことがある
  • 飛行機は寝不足だと酔う
    • オレンジジュースやトマトジュース系は飲まないことにしている
  • 電車は比較的平気
    • 一度九州の特急列車に乗っていて危ない感じがしたことがある
  • 船酔いはする
    • 一度フェリーで神津島に行った時は船を降りてから半日やばかった。浮き輪で波に揺られると酔いが戻ってくる状況。
  • ジェットコースターやフリーフォール系で激しすぎないやつはなんとか頑張れる
  • バイキングは苦手。半分より内側だと何とかいける
  • 映像(特に3D)+振動系のアトラクションはダメ。スターツアーズが限界。ユニバーサルスタジオの3D+振動系のライドは軒並みNG。

要は、ユニバーサルスタジオに向かないタイプの人間です。。。。(涙)

酔いやすい人でも頑張れる、おススメアトラクション10選

酔いやすい人でも、家族や友達と一緒に行かなきゃいけないこともある。なので、何とか頑張れるであろうライドをリストアップしてみました。

せっかく行ったんです!楽しめる方がいいに決まってる。参考にしていただければ嬉しいです!

ハリー・ポッターとグリンゴッツからの脱出 

「ユニバーサル・スタジオ・フロリダ(USF)」にあるハリー・ポッターとグリンゴッツからの脱出(Harry Potter and the Escape from Gringotts)。これは絶対外せない!

比較的新しく、当然人気なので、朝一番で並びたいアトラクションの一つです。

3D/4D、コースターライド、大迫力の映像、ハリーポッターの世界感、その他もろもろを上手くコラボさせていて、本当に面白い。

他の3Dライドで軒並みノックダウンされた私でも乗れたので、乗り物酔いがしやすい人でも大丈夫かと。是非楽しんできてください!

ユニバーサルスタジオ オーランド ハリー・ポッターとグリンゴッツからの脱出

ラインに並ぶ前に荷物はロッカーに預けます。私は携帯も預けちゃったけど、実際は持ち込んでる人も多数見かけます。ライドに乗ったらしっかりポケットにしまえばいいみたい。

身長制限は42インチ(約107㎝)
ユニバーサル・エクスプレス・パス、ライダースワップ、シングルライダーラインあり

48インチ(約122cm)以上あれば一人でも乗れる。もし一人で乗るのでもOKだったらシングルライダーを利用すると、かなり時間短縮できる!

ダイアゴン横丁

アトラクションではないけれども、世界感が素晴らしいダイアゴン横丁(Diagon Alley)。USFにあります。

映画に内容に沿うようになっていて、ダイアゴン横丁へ入るのにちょっとしたトリックがあります。その分ぱあっと目の前にダイアゴン横丁が広がった時、ハリーポッターファンの子供たちがすごい!!と大はしゃぎしました。

ユニバーサルスタジオ オーランド ハリー・ポッター ダイアゴン横丁

ウィーズリー・ウィザード・ウィーズで子供たちは自分たち用にお土産を買いました。

ユニバーサルスタジオ オーランド ハリー・ポッター ダイアゴン横丁 ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ
ごちゃごちゃ感がすごくいい!

後はあちこちにある魔法の杖を使えるポイントで遊んだり、ちょっとしたショーを見たり。

ユニバーサルスタジオ オーランド ハリー・ポッター ダイアゴン横丁 魔法
購入した魔法の杖を使って魔法をかけると・・・
ユニバーサルスタジオ オーランド ハリー・ポッター ダイアゴン横丁 魔法
雨が降ってくるよ。
ユニバーサルスタジオ オーランド ハリー・ポッター ダイアゴン横丁 魔法
あちこちで仕掛けがいっぱい。
ユニバーサルスタジオ オーランド ハリー・ポッター ダイアゴン横丁 ショー

アイスを食べたり、バタービールを飲んだり。

ユニバーサルスタジオ オーランド ハリー・ポッター ダイアゴン横丁 バターピール

色々楽しめますよ~~。

ホグワーツ特急 

2パーク間の移動にぜひ乗りたいのがこちら。

USFにあるキングクロス駅と、「アイランズ・オブ・アドベンチャー(IOA)」のホグスミート駅を結ぶホグワーツ特急(Hogwarts Express)です

ただ、パークに使えるパーク・トゥー・パークチケットを持っていないと乗れないんだよね~。

ユニバーサルスタジオ オーランド ハリー・ポッター ホグワーツエクスプレス
ユニバーサルスタジオ オーランド ハリー・ポッター ホグワーツエクスプレス
ユニバーサルスタジオ オーランド ハリー・ポッター ホグワーツエクスプレス

シートもちゃんと汽車の個室風になってて、窓越しにキャラクターの影や声が聞こえたりと雰囲気の作り込み具合がいいです!斬新!!

オリバンダーズ 

ホグズミード村とダイアゴン横丁にある、魔法の杖のお店オリバンダーズ(Ollivanders)。インタラクティブなこの魔法の杖は、結構なお値段がいたしますが、初日に買って子供たちに渡しておけば結構遊べます。

買うなら朝早めのタイミングで買ってしまおう。せっかくならばできるだけ長い時間遊ばせたいもん。

ユニバーサルスタジオ オーランド ハリー・ポッター ホグズミード村 魔法の杖
お店の中も所狭しと杖の箱が積み上げられていて、雰囲気満点

子供たちもどの杖にするか額を寄せ合って相談し、最終的に王道のハリーポッターに落ち着きました。

IOA側にあるハリーポッターエリアのホグズミード村( Hogsmeade)はダイアゴン横丁に比べるとこじんまりしていますが、やっぱりハリーポッターの世界感が良く表現されていて、いるだけで楽しいエリアです。

ユニバーサルスタジオ オーランド ハリー・ポッター ホグズミード村
ユニバーサルスタジオ オーランド ハリー・ポッター ホグズミード村

リベンジ・オブ・ザ・マミー

ユニバーサルスタジオ オーランド リベンジ・オブ・ザ・マミー

室内型コースター、リベンジ・オブ・ザ・マミー(Revenge of the Mummy)。USFにあります。

映画(マミー:邦題ハムナプトラ)自体あまり好みのタイプではないので、どうだろうと思って入りましたが、思った以上によかった!

個人的にですが、ユニバーサルスタジオオーランドでトップ3に入るライド。

暗闇の中で急加速したりや逆走するのコースがあったり、演出もとても凝っていて満足度の高いアトラクションです!

コースター系は何とかいける、でも大型のコースターはちょっと心配、という人におススメ!!

身長制限は48インチ(約122㎝)
ユニバーサル・エクスプレス・パス、ライダースワップ、シングルライダーラインあり

ジュラシックパーク・リバー・アドベンチャー

まあ、いわゆるディズニーのスプラッシュマウンテンと同じ様な急流すべり系ライドです。UFJでも人気ライドの一つですよね。IOAにあります。

ユニバーサルスタジオ オーランド ジュラシックパーク
ジュラシックパークエリアに近づいてきたよ。

恐竜がテーマなので、かわいい感じじゃありません(笑)。でも、それほど怖いって感じでもなくぬうっと茂みから出てきたり、いたずらで水をぴゅーっとかけてきたりするだけなのであまり気になりません。まったりとした感じで進んで…

最後は約26mもの高さから最高速度約80km/hの速さで落下!!落下は一瞬で終わるので怖い感じはしません。それよりもすごいのは濡れ具合!!!半端ない水しぶきを上げるので、ポンチョとか着ていないと頭からつま先までがっつり濡れること請け合い!な豪快なライドです。

さすがにディズニーワールドのスプラッシュマウンテンではここまで濡れません。ユニバーサルスタジオの本気を見た感じがしました。

フロリダも冬は肌寒い日がある。濡れると中々乾かないので、ポンチョなどでガードするか、有料の大型ドライヤーがあるのでそれを使用するといいよ。でも、濡れるのが楽しいんだよね~~!!

身長制限は42インチ(約107㎝)
ライダースワップあり

Dudley Do-Right’s Ripsaw Falls

ポップな外見のわりに何気にすごいアトラクション。確実に濡れます!! IOAにあります。

ユニバーサルスタジオ オーランド Dudley Do-right's ripsaw falls

縦1列5人乗りの丸太に乗って水の中を進む、これまたスプラッシュマウンテン系なんだけど、最後に水に突っ込んだ時の水しぶきの上がり方がはんぱじゃなく、子供たちのテンション上がりっぱなし。空いてたので、2~3回連続で乗りました。

身長制限は44インチ(約112㎝)
ユニバーサル・エクスプレス・パス、ライダースワップあり

Popeye & Bluto’s Bilge-Rat Barges

もうこれは濡れないことが難しいアトラクション。IOAにあり、ウォーターライドがひしめいてるエリアにあります。

12人乗りの円形のボートに乗って川下りをする、ディズニーワールドでいうカリリバーラピッドなんですが、ここでもユニバーサルスタジオの容赦ない攻めを感じました!

上から、横からどんどんかかります。カッパを着てても横からざっぱんと半端ない水しぶきが来るので、ドライでいるのはほぼ不可能。もう笑いが止まらなくなるくらい濡れます。

もうさ、どうしようもないくらい濡れるから、いっそのことポパイ、リップソー・フォールズ、ジュラシックパークをはしごするといいよ。

どうにもならない位のびしょ濡れ具合。。。クロックスの中にも水が入ってうまく歩けない・・・

乾きやすい洋服を着てくといいよ!息子くんが一番濡れたけど、乾くのは一番早かった。ジーンズとかだと乾くまでに相当時間かかるよ。

お天気があまりよくなくて肌寒かった二日目に試してみたら、上から降ってくる水の量が最小限になっていてあまり濡れなかった。さすがに、天気によって調整はしているらしいが、濡れないとあまりつまらない!

身長制限は42インチ(約107㎝)
ユニバーサル・エクスプレス・パス ライダースワップあり

メン・イン・ブラック エイリアン・アタック

シューティング系アトラクションのメン・イン・ブラック(MIB Alien attack)。

ディズニーのバズライトイヤーと似ていますが、こちらのレーザーガンの方が可動範囲が広く、エイリアンを狙いやすいです。

QラインはMIBの本部のセットになっていて懐かしい感じがするし、年齢にかかわらず楽しめるアトラクションです。

E.T.

歴史を感じるアトラクションです。

座席が自転車の形をしていて、それが上からぶら下がっているタイプのライドです。

すべてにおいて古い印象がありますが、こういう開園時からあるような古いオリジナルのアトラクションはある意味貴重で、スリリングだったりワクワクしたりするような内容ではないけれども、技術の進化を感じることができ、ちょっぴりセンチメンタルな気持ちにもなったりもします。是非このまま残して欲しい気がします。

まとめ

どうしても3D+振動系のライドや大型のコースター系の乗り物が多く、乗り物酔いしやすい人にはきついアミューズメントパークですが、工夫次第で楽しむこともできます。

せっかくだから、休憩を入れながら、自分のペースで目一杯遊んでくださいね!

旅ブログ
スポンサーリンク
Aquaをフォローする
七彩のおと
タイトルとURLをコピーしました