Tofinoへ - フェリー編

カナダ国内
Photo by Lauren Richmond on Unsplash

ブリティッシュコロンビアの州都であるビクトリアがあるバンクーバーアイランド。過去2回程ビクトリアに行き、その頃からちょっと興味のあったトフィーノ(Tofino)。

キャンプトレイラーを買ったので、頑張ってトフィーノに近い国立公園のキャンプサイトを取り、とうとう行ってきました!

トフィーノはサーフィンの聖地で有名。私たちはサーフィンをやらないのでやらなかったんだけど、次回はチャレンジしてみたい!

スポンサーリンク

トフィーノとは

トフィーノはバンクーバーアイランドの西側、太平洋に面した小さな町。

人口も2,000人に満たないくらいの小さな小さな田舎町です。

それでも、美しい砂浜を持ち、サーフィンやフィッシング、ホエールウォッチング等様々なアウトドアアクティビティーを楽しむことができ、観光客で賑わっています。

トフィーノへのアクセス

飛行機

バンクーバーよりPacific Coastal Airlinesが直行便を飛ばしています。

フェリー+車

バンクーバーからフェリーで約2時間~2時間半でバンクーバーアイランドへ到着。

フェリーの発着

  • Horseshoe Bay から Departure Bay(約2時間)
  • Tsawwassen から Duke Point(約2時間半)
  • Tsawwassen から Swartz Bay(約2時間:ただしビクトリアに近い港なので、車での移動時間が長くなります)

BCフェリーのウェブサイトはこちら

目的地がTofinoなのであればナナイモ市内の港であるDeparture BayもしくはDuke Point着のフェリーを使用します。

そこからは島を横断するように、トフィーノへは約4時間のドライブです。

途中でそれなりの山道を通ることになります。時間に余裕を持って運転したいところです。

トフィーノまではHighway4が唯一のアクセスなんですが、現在途中で道路工事中(工事期間が2022年まで延長になりました)

しかも、なんと!!!平日は早朝と午前11時から午後3時まで通行止め。

通行止めになっていない時間帯でも、片側通行になっていて超時間がかかります。

実はこの工事のこと、知らなかったんです。DriveBCで情報が見つかるのでドライブ前にチェックするのは必須だと改めて思いました。

フェリー+バス

ナナイモやビクトリアからバスで移動することも可能です。

トフィーノ自体が田舎で車があった方が便利かと思うのですが、バスを使用する場合はこちらのウェブサイトをどうぞ。

いざトフィーノへ 

トフィーノはビクトリアからだとかなり距離があります。最寄りの大きな都市はナナイモです。

なので、フェリーもナナイモ行きに乗りました。

バンクーバー側からはHorseshoe BayかTsawwassenから出発する形になるのですが、私たちはキャンプトレイラーを引っ張っていたし、バンクーバーの街中を通過したくなかったのでTsawwassenからのフェリーを予約しました。

フェリーは予約していなくても空いていれば乗れるんだけど、夏の間は人気もあるし、あらかじめ予約しておくのをお勧めするよ!

ちなみに、予約した時間が夜8時位に出航するフェリーだったので、途中の街、Abbotsfordでファーストフードをゲット。

Highway1が混みそうな時間帯だったので、Abbotsfordからアメリカ国境沿いの裏道を通っていきました。

少し細めの道でしたが、まっっすぐで走りやすかったです。

交通量も少ないし渋滞などあまりなさそうで、到着の時間が決まっているような時はHighway1よりも逆に安心かも。

そして気が付いた。この辺り、ブルーベリーファームがいっぱいある!!

さてさて、フェリーを予約した場合、出発時間の1時間前から30分前にチェックインしないといけません。

私たちは無事に早めに着けたので車を停め、パピちゃんをちょっと遊ばせることにしました。

”Dog Walk”!こんな風に犬を遊ばせるエリアがあったんだね!

犬を連れている人も多く、でもフェリー運航中は犬は車に残さないといけないので皆さんここで遊ばせています。

駐車する階にもよるんだけど、フェリー運航中は車の中にいてはいけない階もあって、ペットちゃんは一人で車の中でお留守番する形になるんだ。

どうもここはオフリーシュエリアではないようで、すぐそばで車もたくさん走ってるし、リーシュにつないでおいた方が良さそう。

もちろんよくあることですが、オフリーシュされてる方もいます。まあ、そういう子たちはよく訓練されてるんだろうけど。

30分くらいたっぷり時間があったのでお散歩させ、いっぱい遊んで、パピちゃんはだんな様と一緒に車に戻りました。

私はお姉ちゃんといままで一度も入ったことのなかったドライブインみたいな建物の中に入って、これまた今まで一度も買ったことのない(!)りんご飴ならぬキャラメル掛けリンゴを購入(高い!)。

買ったのはRocky Mountain Chocolate Factoryのキャラメル掛けリンゴ。

そこそこ大き目な都市にはどこかしらで必ずあり、空港なんかでも見かける、割と有名なチョコレート屋さんです。

日本だとりんご飴なんだけど、こちらではリンゴにはキャラメルっていうのがどうも定番らしい。

Granny Smithという酸味の強い青りんごにキャラメルがたっぷりかかっていて、さらにトッピングされているもの(アーモンド、M&M、チョコレートなど)によりお値段が上がっていきます。

CAD$6~10という、リンゴ一つで結構なお値段が致します。

Photo by Henry Becerra on Unsplash

お買い物を済ませ、パピちゃんを遊ばせ、今までになく待ち時間を有効に使った気がして、満足してフェリーに乗り込みます。

今回のフェリーは時間が遅かったせいか、やや小型なものでした。

マスクを着用して席に座っていたんだけど、夕焼けがきれいそうだったので半分くらいの時間は外にいました。

そんなこんなで、夕日が海に沈んでいくのを見ることができて、感動!!

水平線に沈んでいく太陽を見るってあまりないから、写真撮りまくり。

美しかったあ~~。

そうこうしているうちに町の明かりが見えてきました。

そう、ナナイモに到着です。

実は、この日はキャンプサイトの予約をしてませんでした。

なので、路駐泊です・・・。

タイトルとURLをコピーしました