ライダースイッチを有効活用 アニマルキングダム編

ディズニーワールド
Photo by Markus Spiske on Unsplash

動物園と遊園地を合わせたようなアニマルキングダム。

テーマ性がしっかりしているし、各エリアが全く異なる雰囲気を持っているので個人的に好きなパークの一つです。

数年前までは「動物がしっかり休めるように」とナイトタイムショーがなく、その為閉園時間が早かったこのパーク。

4時を過ぎた頃になると、パークホップし始める人が増えて、閉園まで1時間を切った頃からパークはガラガラ、ほぼ乗り放題になってたんです!なので、FP+もライダースイッチも関係なく最後の1時間でわーーっとライドに乗ったものです。

現在でもアトラクション数は少なめですが、大人気のアバター・フライト・オブ・パッセージを含めライダースイッチを使えるアトラクションがいくつかあります。

ショーや大きいプレイグラウンド、Wilderness Explorerのステッカー集めなど、身長制限に引っかかってしまう子供でも楽しめるものもありますので、FP+、ライダースイッチ等を活用して一つでも多くのアトラクションに乗れるといいですね。

今回はそんなアニマルキングダムのライダースイッチについてご紹介します。

スポンサーリンク

アニマルキングダムで使用可能なライダースイッチ

  • Avatar Flight of Passage (アバター・フライト・オブ・パッセージ)
  • DINOSAUR (ダイナソー)
  • Expedition Everest – Legend of the Forbidden Mountain® ( エクスペディション・エベレスト)
  • Kali River Rapids(カリ・リバー・ラピッド)
  • Primeval Whirl (プライミーバル・ウィール)

Avatar Flight of Passage (アバター・フライト・オブ・パッセージ)

新しめで、常にスタンバイは長蛇の列。FP+も売り切れ状態の人気アトラクション。

身長制限は少し高めの、44in(112㎝)です。

バイク型のシートに1人乗りすることになるので、大人一人、子供二人でも大丈夫

ソアリン同様、シュミレーションライドになります。

所々で大きなドロップ(は、実際してないのですが、よくできているのでまさに落ちているような気になる)があったり、何かが迫ってくる感覚があるので、初めて乗る場合は事前に怖くない旨を説明しておいてあげるといいかと思います。

ソアリンと違う点は、一人乗りだということ。一つ一つのシートが、手が届くか届かないか、という距離にあるので、怖がった時にギューッとしてあげることができません。

それ程スリルのあるライドではないのですが、念のため。

こちら、非常に隔離された場所にありますので、待つ側は違うエリアに移動することになると思いますので、待ち合わせ方の工夫が必要になります

DINOSAUR (ダイナソー)

身長制限は40in(102㎝)です。

4人乗りシートなので、大人一人子供二人でも大丈夫。

でも、実は乗ったことがありません。

結構揺れが激しいライドだということと、暗い上に、テーマが恐竜なのでかわいくないetc. で、わざわざ出向かない、と言うか・・・。

そもそも、アニマルキングダムのDinoland USAは素通りすることが多いので・・・。

そして、基本混雑度は低めです。わざわざライダースイッチを取る必要もないかな、という個人的な印象です。

ちなみに、少し歩くと子供が遊べる室外のプレイエリアがあります。結構大きい規模なので、時間をつぶしやすいです。

Expedition Everest – Legend of the Forbidden Mountain® ( エクスペディション・エベレスト)

こちらも身長制限は44in(113㎝)です。

2人乗りシートなので、子供を二人連れて行く場合、上の子の年齢が7歳以上でないとライダースイッチが上手く使えません。

ディズニーにおいてはやや激し目のアトラクション。といっても、シンプルなジェットコースターなんですけどね。

FP+、シングルライダー、ライダースイッチ等を使うと、複数回乗りやすいアトラクションです。

が、周囲に小さな子供向けのアトラクション・エンターテイメントがないのと、アニマルキングダムは全体的に一つ一つのライドやレストラン等が離れ気味なので、二手に分かれた後の合流の仕方に多少工夫が必要になります。

Kali River Rapids(カリ・リバー・ラピッド)

身長制限は38in(97㎝)です。

こちらは12人乗りのラフトボートで、2人ずつで座る形になります。席はすぐ隣り合っているので、大人1人、子供2人でも大丈夫(だと思います)。

アニマルキングダム内で小さな子供でも楽しめる、数少ないライドの一つです。

お天気の良い日にはスタンバイ列は長く伸びるので、できれば午前中に行ってライダースイッチパスをもらうといいかもしれませんね。

周囲にはあまり小さな子供向けの遊び場等がありません

あまり暑すぎない日だったらマハラジャ・ジャングル・トレックなどを散策してみたり、Wilderness Explorerのステッカー集めをしてもいいかもしれませんね。

Primeval Whirl (プライミーバル・ウィール)

身長制限48in(122㎝)です。意外に身長制限が高いですね。。。

二人掛けシートx2、4人乗りです。この身長をクリアできる頃には7歳以上になっていると思うので、大人一人子供二人でも大丈夫かと思います。

これも乗ったことがありません(汗)。なんだか古ぼけた、昔ながらのガチャガチャした外観のアトラクションであるのと、全体的に寂れた感が漂うDinolandエリアにあるので、ついつい素通りしてしまっていました。

周囲にはプレイエリアや子供向けのライドもあるので、待っている側も時間をつぶすのには困らないと思います。

他パークのライダースイッチ情報

タイトルとURLをコピーしました