LED String Lights – 使用後の感想

ブログ
Photo by Alexander Jawfox on Unsplash

数年前からちらちらとCostcoの売り場で見かけ、そしてパティオなどで使用しているお宅もちらちらといて、気にはなっていたこのライト。

トレイラーを購入して、キャンプサイトで使いたいなあと、セールのタイミングでとうとう購入。

ずばり、いいです!!素敵です!!!

裸電球っぽいデザインで、色味もLEDのくせにアンティークな、黄色い色味。

ちょっとおしゃれで、でもカジュアルなレストランのパティオで食事しているような雰囲気になります。

購入したのは1本ですが、1本でかなり明るくなるし、キャンプサイト程度なら十分な長さです。

明るいので遠くからでも自分たちのキャンプサイトが見つかりやすくて、その点でも重宝しました(笑)

Quiet Time(大体夜10時もしくは11時~朝の7時まで)になったら消そうね~。トレイラーだらけだったらそれ程神経質になることはないだろうけど、テントの人が隣だと多分まぶしいと思う。

重いなあ、と言う感想だったんだけど、今まで散々タープを張ってきた旦那さまは、木とAwingとを使って上手にセットしておりました。

よくよく見てみたら、Bungee Codeって言うのかな、両端にフック付きの強度の強いゴムバンドを使ってサクサクと固定していたようです。

なに、いつの間にそんなおしゃれで便利なもの持ってたの!!?

どうやって取り付けたかは見ていないし、細かく観察しなかったんだけど、Bungee Codeを使うと結構しっかり取り付けられるようで、3~4日滞在して使っていましたが途中で垂れ下がってくることなく快適に使用できました。

ただやっぱり重いので、周りに木がなくてAwingにしか取り付けようがないような場合は重さがちょっぴり心配です。

Awningの足の部分を地面に降ろし、ペグで固定したら大丈夫かな??

実際、今までテントだったので気が付かなかったんだけど、トレイラー向けのキャンプサイトって思った以上に木がないんだよね・・・。

木に囲まれて、その木を利用してタープを張ったり、ハンモックを吊るしたりしていた私たちにはちょっと衝撃なくらい木がない所が多い。

ああ、それでみんなテーブルの上とかはタープではなくて組み立て式のキャノピーを使用していたんだなあ・・・

長さに限りもあるし上手くセットできるサイトとそうでない所はあるでしょうが、お勧めです。

明るくなるから実用的だし、なにより雰囲気がぐっと上がります!

あ、延長コードは持って行った方がいいかも!!

タイトルとURLをコピーしました