リーシュの購入

ブログ
Photo by Robert Eklund on Unsplash


あと1ヵ月ほどでお散歩できるようになるので、Amazonでリーシュを買いました!

今はリーシュなしで自由自在に家の中や庭を歩き回っているので、お散歩に出る前に多少慣れておいた方がいいかなあと思ったので。

スポンサーリンク

伸び縮み型(格納式)のリーシュ

私はなんとなくシンプルな、手首にわっかを通すようなタイプを考えていたんだけど、だんな様が選んだのは伸び縮みタイプ(格納式)のやつ。

ま、必要なら自分用にシンプルなタイプを後で買えばいいやと思って購入ボタンをポチっ。

Amazonプライムに入ってるんだけど、ローカルの倉庫に在庫がある場合、当日に届いたりするからすごいよね!!便利になったもんだ。昔は普通に1週間とかかかってたから。いまじゃあ、日本と変わらない速さだよ!!

届いたリーシュをすぐ開けてみたけど、こんな感じ。

びっくりしたのは綱の部分。勝手にもっとしっかりした、強いタイプのものを想像していたんだけど、薄くてとてもなめらか。

ああ、そうだね、これなら巻き取りもスムーズだし、四方八方に動いても引っかかりにくいよね。と言う感想。

気に入らなくて早速噛みついてたけど、細い細ーい糸で編み込まれているのでちょっとくらい噛んでもけば立たなそう?立つかな???

首輪につなぐ部分はしっかり大き目のクリップで、ちょっとやそっとでは取れないようにしっかりとロープに固定されている。

うん、いい感じ。

で、ちょっと残念だと思ったのはロープをコントロールするボタン。

ルースにしたり、固定したりするボタンが安っぽくて、スムーズにボタンが動かない。

慣れの問題もあるかもしれないけど。

そして、元々「どうだろう」と思っていたのが、持ち手の部分。

あまり力のない女の人だと、リーシュをずっと持っているのが疲れそう・・・。実際持ってみたら、意外と重い。

一番心配なのは、突然走り出されたりしたら手を放してしまう可能性がありそうってこと。

うちのパピーちゃんは小型~中型犬の犬種だからまだいいけど、大型犬だと私にはムリそう。

ただ、だんな様は昔この手のタイプのリーシュで知り合いのゴールデンをよく散歩に連れて行っていっていたんだけど、その時に「伸び縮みして便利だな。」と思ったらしいので、まあ、様子を見てみましょう。

どうせ、散歩はだんな様がメインになるんだろうから、彼が使いやすけりゃいいんじゃない?ってことで!

もし子供たちや私が頻繁に行くようならば、やっぱり自分達用に手首にわっかをひっかける、シンプルタイプを購入する必要があるかも。と実物を手にしてみて思いました。

ちなみに子供に、特に息子くん(こういうの好きなんです。ちょっとしたメカニズムのあるもの。仕組みを理解したくて、分解しちゃいたいタイプ)に遊ぶなと言っておかないと・・・。

首とかに巻き付いたり、物に巻き付いて動けなくなったりすると困るからね。

ちなみに、付けてみたらすっごい嫌そう。付けただけで、引っ張ってもいないのに、ふてくされて動かなくなってしまった。

餌でつっても動かないので、かなり嫌だと言う意思表示。

まあ、少しずつね・・・

そして、ハーネスを買わないと。

どうしても動かそうとして首を引っ張ってしまい、それがもっと嫌そう。

リーシュの金具の部分も重いから、それだけで首輪に付けた時に重さが首にかかり、何かつけられているってわかるんだろう。

どんなハーネスがいいかな???

ブログ
スポンサーリンク
Aquaをフォローする
七彩のおと
タイトルとURLをコピーしました