プレイン・オブ・ザ・シックス・グレーシャーズ - Plain of the Six Glaciers

レイクルイーズ プレーン・オブ・シックス・グレーシャーカナダ国内

去年の夏の終わりに家族みんなで行きました。

10年以上前に旦那さまと二人で行った時は欲張ってレイクアグネスの方まで回ってしまったので、帰りの道では膝がガクガク。

その経験も踏まえ、今回はプレイン・オブ・シックス・グレーシャーズのみの挑戦です。

スポンサーリンク

アクセス

バンフからはトランスカナダハイウェイ1号線を西に約55㎞、Lake Louise Drを約4㎞ほど登った所にあります。

こちら、以前はそれほど厳しくなかったのですが、数年前より駐車場の管理がとても厳しくなり、夏のピークの時期は朝一番で行かないと駐車できないのが現状です。

Parks Canadaのウェブサイトでも、午前10時前か夕方7時以降がおススメとあります。

夏のピークの時期に、レイクルイーズのパーキングに駐車したいなら、実際には朝8時ごろを狙わないといけないらしい。

運よく車が出た時に駐車場入り口近くにいると入れることがありますが、そうでない場合ぐるっと一周してLake Louise Drに戻されてしまいます。

有料シャトルバスもあるにはあるのですが、このシャトルに乗るにも長蛇の列・・・。ですので、ハイキングを考えている方は午前のできるだけ早い時間に行くことを強くお勧めします。

プレイン・オブ・シックス・グレーシャーズ

トレイル情報

難易度★★☆☆
距離約13.6㎞
(Tea Houseまでの往復は約11㎞)
所要時間約4~6時間
トレイルのタイプ往路、復路同じトレイル
高低差約415m

プレイン・オブ・シックスグレーシャーズのトレイル

はじめの2㎞、30分程度はレイクルイーズの湖畔の整備されたトレイルを歩く、気持ちの良いトレイルです。

トレイルの開始で二手に分かれるよ。一つはLittle & Big Beehiveへのトレイル。Plain of Six Glaciersに行くなら、メインの湖畔沿いのトレイルの方を進んでね。

湖を半分グルっと周ったあたりでトレイルインフォがあり、そこから少し上ると右手に岩壁が迫ってきます。

レイクルイーズの終点?始まり?まで来ましたよ~。

このエリアはロッククライミングが盛んで、たくさんの人が直立に近い岩壁を登っていくのを眺めながら進んでいきます。

子供たちはあんぐり口を開けて見てました。石とか落ちてきたら怖いし、さっさと通ろう。

そのまま道なりに進み、ビックビーハイブとの分岐をそのまま通り過ぎ、ひたすら緩やかな上り坂を登っていきます。

この辺りは日当たりが良く、暑いと感じるかも。水分補給や着ているものの調整をしながら歩こう。

二つ目のビックビーハイブへの分岐を過ぎると、岩壁の狭いトレイルを横に移動するエリアに入ります。

整備はされていますが、道幅は狭く、片側は崖になっているのでできるだけ壁際を歩くようにしたい所です。すれ違う時も、先を急ぎすぎず、少し幅の広いところで待つなどしてお互い安全にすれ違えるようにするといいと思います。

ここを無事に過ぎ更に進むとスイッチバックでぐんと高度を上げていきます。しばらくするとティーハウスが見えてきます。

ティーハウスでは現金払いのみ。何か買うつもりなら、現金をお忘れなく~。

ティーハウスはとても賑わっていたので利用せず、近くのベンチにてお昼休憩をしました。風が強かったのですが、寒くなるかもと大量に着込んでいたので暑いと言ってジャケットを脱ぐ子供たち。

すぐそばにきれいに整えられた展望エリアがあります。ここからでもしっかり氷河は眺めることができ、素晴らしい景色が楽しめます。

私たちはこのままAbott Pass Viewpointを目指しました。この広場からは約1.5㎞それほど上りでもないし、昔一度行ったことがあるし大丈夫だろう、と言うことで行きましたが、やっぱり子供連れなのもあって怖かったです。

何が怖いかっていうと、トレイルが砂れき帯だからです。そう、滑るの・・・。きちんとしたトレッキングシューズであったり、ポールを持っていればそんなことはないかもしれないけれど、私たちは普通のスニーカー。上り坂はいいけど、下り坂が怖い。そんな感じでした。

下手すると氷河の中に落ちちゃうよ。風も強いし、足場もそれほど良くないから、この辺は要注意。自信がなかったらできるところまで行って引き返そう。そこでも十分よく氷河が見るし、安全第一!!

そしてこの辺りは風を防ぐものが何もないので、寒い!!さっき暑いと言って脱いだ洋服を全部着込み、それでも妹ちゃんはブルブル震えてましたから。

これ以上進めない所まで着いてから、滑るのを気を付けながら気に入った箇所で座り込んでぼーっと景色を楽しみました。

頭上には何台かヘリコプターが物を運んでいるのが見えました。

空に小さな点があるのわかる?それがヘリコプター!そしてその下の黒い四角いのがAbott Hut

Abbot Passの向こう側に、Abbot Hutって言うカナダ国内で2番目に標高の高い所に建てられてる建物があるんだって!でも、温暖化のために雪や氷が解けて地盤が緩くなってきていて、崩れる可能性が出てきて一般の人の宿泊は2018年からできなくなったらしい。

天気がそれほど良くなかったので、青空に映える氷河を見ることはできなかったけれど、自分の足で登って間近に見る氷河には感動。

帰りは来た道を戻っていきます。

もし体力があるなら、ビックビーハイブへの分岐でさらなるハイキングを楽しめますが、私たちはこのまま下山。

乗馬も楽しめます。なんかかっこいいよね~~。

氷河から流れた水が湖に流れ込む辺りはデルタのようになっていて、たくさんの人がそこを歩いていました。

正面にシャトーレイクルイーズが

この辺りに着いたころには妹ちゃんがよれよれになり始め(苦笑)、所々で抱っこをしながら、それでも頑張って最後まで帰ってきました。

レイクルイーズからの半日コースのハイキングでした。

アドバイス

  • 駐車場の関係上、早めに着こう
  • お水をたくさん持っていこう
  • 日当たりのよい個所もあるので、日焼け止めを忘れずに
  • 体感気温が場所によってかなり変わるので、脱ぎ着できるようような服装がおススメ
  • Abbot Pass View Pointまで行く人は防寒具を忘れずに!
  • トレッキングシューズ、少なくともスニーカーで行こう
  • Tea houseでお茶をする人は現金を忘れずに!
タイトルとURLをコピーしました