Intex Excursion 5

アウトドア
Photo by Gordon Jaeger on Unsplash

Inflatable Boat Set with Aluminum Oars and High Output Air Pump 

旦那さまが去年からずっと欲しがっていたボートを今年は早めに購入しました。

先週はお天気が良い日が続いていたので早速、湖でぷかぷか、そして翌々日に川下りを楽しんできました。

スポンサーリンク

Intex Excursion 5

買ったのはIntex Excursion 5と言う、膨らませて使用するタイプのボートです。

5人家族ですからね、5人乗れるInflatableのボートが必要なんだけど、5人乗りってそんなには種類がないんです・・・。

そしてしっかりした作りのものは当然大きいし、重いし、お値段もかなりするので、比較的お手軽価格のこちらに落ち着きました。

セット売りになっており、ボート、オール、ポンプが含まれているので、これを買えばとりあえずボート遊びを楽しめるようになっています。

ちなみに別売りのモーターを買えばモーターボートらしきものにもなるよ。

スペック

ボートの重さ:約25Kg(56℔)

大きさ:3.66mx1.68m

人数制限:5人

重量制限:約600kg(1320℔)

モーター : 最大1.5 hpのものまで

付属品:ポンプ、オール2本

その他:釣り竿ホルダー4カ所、膨らませるタイプの座席付き

Excursion™ 5 Inflatable Boat Set - 5 Person
A leading brand in Above Ground Swimming Pools, Air Mattresses and PVC inflatable products. With over 50-year of history, we work hard to maintain the highest s...

使用した感想

メーカー的には色々なフロート(浮き輪)関係やボート、プールなどを作っている大きめな会社です。

なので、品質的には安心できそう

お値段と品質はまあまあ。遊びで使うなら十分。

もちろん、残念ながら当たりはずれ(空気が漏れる等)はあるでしょうが、Excusion5もそこそこしっかりと厚みのある生地で作られています。

同じメーカーのMariners 4というボートの方がもう少し丈夫かもしれないけれど。

乗り込んだり降りる時にとがった石とかで傷つけなければ1-2年は普通に楽しめそう。

やや重い

生地が丈夫=重さもそれなりにあって、膨らました後はうちは4人で運ばないといけない重さ。

運ぶ時は肩の高さまで持ち上げて下から支えながら歩く感じ?

膨らます前なら旦那さまが一人で持って歩けるので、できる限りたたんだ状態で、できるだけ水辺に近いところまで運ぶようにしてます。

ちょっと浅い?

少し浅めかな?という気はします。乗っていて水面が近いというか。大波が来たらやられそうな感じと言うか・・・・。

何かの衝撃で荷物(とパピちゃんと妹ちゃんと息子くん)が落ちないように、ちょっとだけ気を付けています。

まあ、深くない分乗り降りがしやすいかもしれませんが。

オールが漕ぎにくい?

通常のボートに比べたら(空気で膨らんでいるタイプなので)オールを漕ぐ時に支点にできる強い箇所がないし、身を乗り出して漕ぐような時も浅いため安定感がないので、オールがちょっぴり漕ぎにくい。

川下りで基本かじ取りしているだけで、がつがつ漕がなくてよければそれ程問題ないけれど、湖の様な所で漕がないと進まない状況だとちょっぴり大変な気がします。

大きさは十分

5人家族ですが、かなりゆったり乗れています。3人が大人サイズ、2人がまだ子供サイズだからかな。中型犬を乗せても全然余裕。

例えば大人の男の人5人だとぎちっとするかもしれないけど、普通に家族やお友達で乗るには十分広さがあると思います。

安全面

怖いのは穴が開いていたり、開いてしまったりして途中で空気が抜けてしまう可能性があるということ。

一応3ヶ所別々の口から膨らますので、どこか大きくざっくり切って穴を開けない限りすぐには沈まなそう。

モーター

モーターを取り付けてモーターボートとしても使用できるようなんだけど、まだこれは試していません。

旦那さまはすでにモーターとマウントを購入しているので、次回のキャンプの時に試すそうです。

ポンプ

付属品で付いてきているポンプですが、まあまあ使えます。

が、やっぱりこれだけの大きさのものを膨らませるのは大変。

そのうち壊れそう・・・。

暑さ対策

そりゃあね、お天気の良い日に、ぷかぷかと数時間かけて川下りをしたり湖の上で浮かんでいたら暑いですよ。

こっちの人は長い冬を生き延びてきた反動で夏の間は目一杯太陽浴びてますけど、じりじり直射日光が当たったらやっぱり暑い。

そこで、旦那さまが日よけを作ってくれました。

セットアップに多少時間がかかるんだけど、日陰があるとそれなりに快適なので、興味のある方はYoutube先生のご指導の下、自作してみるのもいいかもしれません。

乗り込む時と着岸時

これは別にこのボートに限ったことではないんですが、乗り込んだり降りたりする時は岸に対して横付けにしましょう。。。

比較的簡単に乗れる方法は、

  1. 川だったら流れの早くない浅瀬に、湖だったら浅すぎずでも急に落ち込んでいない箇所に、ボートを横付けに置く
  2. 私と旦那さまでボートを支え子供たちとパピちゃんを乗せる
  3. 旦那さまがボートを支えてくれている間に私が乗り込む
  4. 乗っているうちの2人がオールでボートが流れていかないよう支え、旦那が乗り込む。
  5. オールで岸を押すとすっと岸から離れていく

横付けになっていると乗り込む範囲が広いので楽です。

そしてオールで岸を押す時も比較的楽にできます。

実は今日、ボートを横付けしないで、ボートの後ろ半分以上が岸に乗った状態で全員がボートに乗り込み、そこから出発しようとしている方がいた!

重すぎるし接地部分が大きすぎててもちろん離岸できず、一人が下りて押したりと、結局そのままずりずり底を引きずるように無理やり出ていった。

レンタルボートみたいだから、私たちのよりももっと丈夫な素材なのかもしれないけど、そんなことしたら穴開いちゃうよ~って感じだった。気を付けよう。

まとめ

お値段も品質もそこそこ。値段相応というか。

1ー2年たっぷり楽しんで、壊れたら新しいのを購入するという気軽な気持ちで楽しめれば十分かな。という印象です。

今年はたくさん使いそう!!楽しみ!!!

アウトドア
スポンサーリンク
Aquaをフォローする
七彩のおと
タイトルとURLをコピーしました