インスタントポット なぜかちょっぴり苦戦しているヨーグルト作り

ホームメイド
Photo by Sara Cervera on Unsplash

インスタントポットをのヨーグルト機能を使ってヨーグルト作りにチャレンジしておりますが、これが中々難しい・・・。

納豆の方がよっぽど簡単な気がする・・・。

かれこれ5回くらい作っていて、だいぶまともになってきた気がするので、この辺で一度記録を残そうかと。

材料
  • 牛乳(ホモミルク)
  • 市販のプレーンヨーグルト(牛乳に対し最大10%)
工程
  • 牛乳を低温殺菌する
  • 使う容器やスプーン等をしっかり熱湯消毒する
  • 低温殺菌した牛乳を45度ー50度程度に冷ます
  • ヨーグルトと牛乳をよく混ぜる
  • ヨーグルト機能で8時間

スポンサーリンク

材料

材料はザ・シンプル。牛乳と市販のプレーンヨーグルト。

もちろんヨーグルトスターター用の種菌を買ってもOKです。こちらはAmazonやローカルのナチュラルフードのお店などで購入できます。

私は簡単なので市販のヨーグルトを使用。

材料の部分に”active bacterial culture“ときちんと表示があるか確認し、プレーンヨーグルトを選ぶようにしよう。

間違えて何度かバニラ味のものを買ってしまって仕方ないのでそれで作ったけど、それでも作ることは作れたよ。本当は加糖されてないプレーンの方がいいんだけどね。プレーンとバニラの容器、似すぎ!!

ヨーグルトの量は牛乳の10%以下に抑えれば平気みたい

1Lの牛乳に対し大さじ1、と言う人や、大さじ3と言う人もいるので、私は10%以下ならいいや。と言うスタンスで作っています。

牛乳は脂肪分が高い方が失敗しにくい。ので、脂肪分3.25%のHomogenized milkを使用します。

カナダでは2%の低脂肪牛乳が一般的かな。1%だと「薄っ!」って感じだけど、2%だとまあまあ飲める。でも私は元々牛乳が好きなので、(脂肪分高めで)飲みすぎ注意だけどホモミルク派です!

豆乳やアーモンドミルクでも作れるみたい。いつか作ってみたいと思います。

工程

1.牛乳を低温殺菌する

まずは牛乳を低温殺菌します。

インスタントポットがあれば、これも簡単。

牛乳を内釜に入れ、Yogurtのボタンを押して”Boil(=High)”を表示させ、蓋を閉めます。

そうすると自動でスタートし、時間になれば勝手に止まってくれます。

2.使う容器やスプーン等を熱湯消毒する

この間にお湯を沸かし、使う容器やスプーン等を熱湯消毒しておきます。

ふきんなどで拭かず、自然乾燥がおすすめ。

3.低温殺菌した牛乳を冷ます

Boilが終わったら内釜をそっと取り出し、40ー45度程度になるまで冷まします。

食べ物用の温度計がある場合、それを使用すると失敗しにくいです。

シンクにお水を張り、そこに入れて冷やすと早いかな。水が入ったりしないよう気を付けて。

私は温度計を持っていないので、適当に冷ましてます。

それがイマイチ上手にできない一つの原因なんじゃないの!?

うん、でも温度が落ちすぎてしまった場合は、少し長めの時間設定すればいいみたい。だから神経質になりすぎるの、やめたーー。

牛乳の膜をここで取っておくと、出来上がりがスムースなヨーグルトに仕上がります。

4.ヨーグルトと牛乳をよく混ぜる

熱湯消毒しておいた容器にヨーグルトを入れ、低温殺菌した牛乳を少し加えよく混ぜます。

ヨーグルトの量は1Lに対し最低でも大さじ1、最大でも100ml。

私はイマイチ固まらない傾向にあるので、少し多めに入れてるけど、慣れてきたら少しずつ減らそうと思ってるよ。

ヨーグルトの入った入れ物の方に牛乳を加えるのは、牛乳とヨーグルトが混ざりやすくするため。

よく混ぜた後、これを牛乳の方に戻し、ここでもしっかりよく混ぜます。

ヨーグルトにムラができてしまうのを防ぐためです。

5.ヨーグルト機能で8時間

しっかり混ぜたら、蓋を閉め、ヨーグルト機能のNomalで8時間温めます

この間は、揺らしたり蓋を開けたりせず、ただひたすらほっておきましょう。

時間が来てピーっとなれば出来上がり!

もし低温殺菌した牛乳を冷ましすぎちゃった場合など、30分くらい長めに時間をセットするといいかも。

8時間が基本ですが、少し固めや酸っぱめがお好みの方は30分~1時間くらい伸ばしても可。

出来たら容器に入れて、冷蔵庫で冷やします。冷やすと少し固くなるかな。

私のはイマイチ固くならないんだよね。もうこれでいいか、と言う気もしないではない。

はちみつやジャム、フルーツなどを加えて美味しく召し上がってください!

追記

ヨーグルトがイマイチ固まらなかったのですが、ヨーグルトボタンではなくSous-videと言うボタンで作ったら上手く固まるようになりました!

まとめ

インスタントポットを使えば温度管理をしなくてよいので、比較的簡単に自家製ヨーグルトを作ることができます。

今まで、コスコなどで安く売っている個別パックのヨーグルトを買っていて、子供とだんな様はそれを毎日のように食べていたんだけど、(値段的に)実際健康にいいのかしら・・・。と実は思っていました。

自分が作ったヨーグルトが市販のものよりも乳酸菌が含まれているのかなどはわからないけれど、少なくとも何が入っているのか分かっているので、その辺は安心ですよね。

シロップ漬けにしたフルーツなどを別に用意しておいてそれをかけてあげています。

見た目もいいし美味しいから、今まで食べていなかった私も毎日ヨーグルトを食べるようになりました。

約9時間程度で、自家製ヨーグルトができるっていいよね!!

タイトルとURLをコピーしました