インスタントポット ヨーグルト作り - 改善点

ホームメイド
Photo by Tiard Schulz on Unsplash

ずっと微妙に苦戦していたヨーグルト作りですが、あるボタンに気が付き少し調べたら・・・。

なんと!!!上手くいきました!!!

そのボタンはSous-vide

なんだろうって思ってはいたけど(英語じゃないからわからなかった・・・)、たまたまボタン押してみたら温度調節と時間設定ができることが判明して、更に日本語にしてみたら「低温真空調理」と言うらしい。

ああ~~。フランスの方で食べ物を真空パック状態にして、湯煎して調理する方法が確かあったね!!

フランス語かあ。読めないわけだよ!

このボタンで実際ヨーグルトの様な発酵食品を作れるのか疑問だったんだけど、これまた調べたらこのボタンで作っている人がいたので、試してみました。

温度設定は110F、時間は8時間。

華氏110度は、摂氏にすると約43度。45度以上になるとヨーグルト菌が死んでしまうので温度的にはぎりぎりです。

で、これで作るとヨーグルトがちゃんと固まる!!

よく見てたら、設定温度に上がるまではタイマーが発動しない。温度が一定条件に上がってからタイマーが始まるので、実際は8時間半くらい温めてることになるよ。

標高が高めの所に住んでるからかな?それとも時間が短かったのかな?原因はよく分からないけど、このボタンで試してみてよかった!!

ヨーグルトがイマイチ固まらないなあと言う方で、このボタンがある機種を持っていたら、ぜひ一度試してみてください!

レシピ自体は変えてません。レシピが気になる方はこちらをどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました