エンジェル氷河 - Angel Glacier

ジャスパー国立公園 エンジェル氷河カナダ国内

残念ながら一日雨予報。わかってはいたけれども、雨の中のキャンプはつらい…。

ハイキングなどは無理そうなので、キャンプサイトからそれほど遠くないエンジェル氷河を見に行き、午後はミエッテホットスプリングスに行くことにしました。

スポンサーリンク

エンジェル氷河

アクセス

ジャスパーから約30㎞弱、45分くらいのドライブになります。車がないとアクセスは少し難しい所にあります。

まずジャスパーの町から93号線(アイスフィールドパークウェイ)で南に7㎞、93A号線との分岐を右に曲がり約5㎞、そこからCavell Roadで右折し狭い山道を14㎞程走ったところにあります。

このCavell Roadは結構な山道で曲がりくねっている箇所が何か所かあります。

乗り物酔いしやすいお姉ちゃんはもれなく気持ち悪くなってました。帰りは念のため前に乗せましたよ!

道幅も狭く、見通しが悪いところもあるので、ぜひ安全運転で!

道幅の狭さと急なスイッチバックカーブがあるため、大型のトレイラー、サイズの大きい車(全体で25フィートを超える車)の通行は禁止されています。

トレイラーをドロップオフできる(一時的に置いておく)駐車スペースが93A号線からCavell Roadの入ってすぐにあると、パークスカナダのウェブサイトには書いてありますが、心配な方はインフォメーションセンターで確認してみてください。

道路も6月から10月中旬のみ開通されています。

みどころ

天使が羽を広げたような形をしていることからエンジェル氷河と名付けられたこの氷河、駐車場からのショートトレイルで見に行くことができます。

駐車場は新しく整備されたばかりでとてもきれいになっています。ただ、あまり大きい駐車場ではないので、朝早めに行かれるといいかと思います。

駐車場から階段をちょっと上るとトレイルパスが始まります。

エンジェル氷河を見るトレイルはPath of the Glacier trailと言って、往復1.6km、1時間弱のお気軽トレイルです。

途中からCavell Meadows trailと言う往復7Kmほどのトレイルの分岐点があるので、そちらに行かないよう注意!

モレインの上のきちんと整備されたトレイルを登っていくと

U字の谷の写真を撮りたくて、振り返って撮りました。

エンジェル氷河が姿を現します。この日はお天気が悪く、ガスっていました。

石があると、積み上げてしまうカナディアン(笑)Inuksukはカナダのシンボルの内の一つですからね。

少し風があったため雲の流れが速く、少し待っていたら何とかエンジェル氷河の形が全部見ることができました。

氷河の部分が青白く光ってるよね。

現在の氷河の下から湖にかけての色が少し薄い部分が、昔はエンジェルの体の部分としてあったようです。今は体の半分以上がなくなって、どちらかと言うと羽を広げた鳥のようになってしまいました。

氷河から溶けだしている水を見れば分かるように、相当溶けていますよね。。。あと50年もしたら、この氷河もほとんどなくなっちゃうのかしら・・・。

写真には写っていませんが、下の小さい湖には氷河から溶けた塊の氷がぷかぷかと浮いています。

昔はこの小さな湖のそばまで行けたようなのですが、何年か前にすぐそばのゴースト氷河が崩れ落ち洪水になったため、この辺りはとても不安定な環境にあるそうです。このエリアには現在立ち入ることができません。

ビューポイントエリアから景色を楽しもう!

帰り道は同じ道を引き返します。

駐車場近くはトレイルが2に分かれていて、帰り道は行と違う道を通って帰りました。ここは、実は以前は氷河におおわれていた部分です。

氷河はなくなったけれど、小さな木が生え始め、小動物が住み着き、新しく始まったものもたくさんありますね。

タイトルとURLをコピーしました